クロスバイクの自転車保険は「盗難と事故」2つの補償が重要!その理由とは?

街中で走りやすく、手軽で便利なクロスバイクですが、ふと「盗まれたら、転んで故障したら…」と不安になることはありませんか?一度不安に思ったら、対策したいと思うでしょう。今回は、大切なクロスバイクのリスクに備えるための保険について解説します。

クロスバイクに潜むリスク、それは事故と盗難

少し前の自転車ブームから人気に火が付いたクロスバイクですが、現在は通勤や趣味に、多くの方が日常的に利用しています。
安い物であれば数万円から高額な物になると数十万円まで、値段の幅が広いクロスバイクですが、利用者が多いということはそれだけトラブルの件数も多いということ。
そんなクロスバイクを利用する上で気を付けたいリスクが「事故」と「盗難」です。
では、クロスバイクを利用する上で気を付けておきたいリスクを詳しく見ていきましょう。

時速40kmで走るクロスバイクは危険と隣り合わせ

クロスバイクは、自転車でありながら40km/h程度という自動車並のスピードを簡単に出すことができる乗り物です。
クロスバイクは、風を直接感じることができるので、速度が出せばそれだけ快適さを味わうことができますが、同時に大きな事故を起こしてしまう危険と隣り合わせです。

クロスバイクの魅力は、何といっても乗りやすさと、自分の足で漕ぐことで実現できる軽やかさやスピード感ですよね。
クロスバイクの速度は、ママチャリなどの一般的な自転車と比べかなりの速度が出せるので、その危険性も高くなります。
事故相手の補償はもちろん、自分や家族がケガをすることもあるので、そこにも備えておかなければなりません。
では、当サイトで実施した、自転車事故の治療費に関してのアンケートで、自転車事故にあった際の治療費の実態を見てみましょう。

・自転車事故の治療費

※横にスクロールできます

100人中 日額治療費平均 合計治療費平均
通院 93人 3,078円 17,597円
入院 9人(自己負担5人) 6,440円 54,000円
手術 7人(自己負担5人) 36,250円 36,250円

※調査概要については*2を参照

この表は、当サイトが行った、自転車事故の治療費に関するアンケートの結果です。
この表を見ることで事故の時どれくらい治療費がかかるかわかりますね。

クロスバイクは盗まれたらほとんど返ってこない?

クロスバイクは10万円くらいする高価なモノです。そのため、クロスバイクやロードバイクの盗難が問題になっているニュースをあなたも一度見たことありませんか。
特にロードバイクやクロスバイクは、高額な物になると数十万円以上もするため、ママチャリなどの一般的な自転車よりも高値で売ることができます。
そのため、もしも盗まれてしまった場合、売り捌かれてしまうことが多く、盗難車として戻ってくる可能性は低いのです。警察庁の統計資料によると、盗まれた自転車が戻ってきたのは、全体の僅か6%程度という低さでした(※)。
お金を掛けた自慢の愛車が、もしも盗まれて帰ってこないとしたら…そんなの辛すぎますよね。

※平成29年の自転車盗件数は20.5万件検挙者数は1.3万人から算出。

クロスバイクのリスクに備えるための自転車保険

リスクを理解したら、次はそれにどう備えていくべきか考えていきましょう。

・事故対策
当然のことですが、事故を起こさない(遭わない)ためには、速度が出せるクロスバイクであっても節度を守り安全に走ることが求められます。どうしてもスピードを出したくなるところですが、後悔しないためにも安全を第一に考えましょう。

・盗難対策
施錠や盗難防止グッズを活用するといいでしょう。
クロスバイクは高価なので、一般的な自転車よりも目を付けられやすいといえます。また、車体が軽いので施錠していても鍵ごと自転車を持って盗まれてしまうかもしれません。
一瞬でも自転車から離れる時は施錠する、長時間停める時はフレームを柵などの構造物にくくりつけるなど、考え得る最大限の予防を心掛けましょう。

しかし、事故も盗難もどれだけ万全に備えていても、完全に防ぐことはできません。
ではどうすればいいのでしょうか?
事故や盗難への備えとして、自転車保険にはいりましょう。

自転車保険の補償は2つ!事故と盗難は別々に考えよう

「自転車保険って、事故と盗難の両方を補償してくれるんじゃないの?」
その答えは『NO』です。
実は、いわゆる自転車保険と呼ばれる保険とは、自転車事故の個人賠償責任補償や医療補償が含まれた保険のことで、盗難補償はほとんどセットになっていません。
そのため、事故と盗難の両方に備えるためには、2つの保険に加入しなければいけないのです。

事故に関する補償は、個人賠償責任と医療補償を確認

自転車保険に加入する上で最も重視したいのは、相手のケガ・損害に対する補償である個人賠償責任補償です。
また、自分のケガに対する補償内容も確認しておく必要があります。

ただし、場合によっては保険の二重加入になってしまうことがあるので、注意が必要です。
上記2つの補償は、他の保険のオプションとしてすでに加入している人も多いため、知らずに新規で自転車保険に加入してしまうと無駄に保険料を払うことになります。

たとえば、下記のような保険にオプションとして自転車事故を補償する内容が付帯していることがあるので、チェックしてください。

  1. 自動車の任意保険
  2. 医療保険
  3. 火災保険
  4. 共済
  5. 会社などの団体保険
  6. クレジットカードの保険
  7. PTAや学校が窓口の保険

現在加入してい保険の内容を確認し、相手のケガを補償するか、自分のケガを補償するか、また補償内容は十分か?といった点をチェックするようにしましょう。
これらに加入して、「個人賠償責任特約」がついている場合、自転車保険の賠償責任補償と同様の補償内容であることが多いので、新規で加入する必要はありません。

盗難に関する補償は、盗難保険をチェック

一般的な自転車保険は、事故によるケガを補償するための保険であり、自転車盗難時の補償はついていません。
そのため、自転車の盗難に備えるには、自転車が盗まれた時に自転車購入代金の一部を補償してくれる、自転車盗難保険に加入しておく必要があります。

自転車盗難保険には、自転車本体価格の何割かを補償するタイプや、新車購入時の費用を何割か補償するタイプなど、自転車保険のプランによってパターンがあります。
どのような補償がほしいのか、良く考えた上で選ぶといいでしょう。

また、盗難補償は火災保険などの特約や自転車メーカーのサービスでカバーできることもあるので、既に加入している保険を一度見直してみることをおすすめします。

クロスバイクの保険は賠償責任・医療補償・盗難補償に着目

クロスバイクでは事故やリスクがあることを認識できましたね。あなたはこのリスクに対策をしないで走り続けられますか?

実際にトラブルに見舞われた場合を考えると、あなたはこうしたリスクを見過ごすことができますか?
万が一に備えて、安全・防犯への意識を高めた上で、保険に加入して万全の対策を講じましょう!
不安を抱えたままでは、サイクリングを心の底から楽しむことはできません。自転車保険に加入することで安心を手に入れ、充実したクロスバイクライフを送ってください!

あなたにおすすめの記事

セブンイレブンの自転車保険【セブンイレブンの自転車保険】口コミは?更新・解約方法も解説 保険会社一覧自転車保険会社一覧 いくら?特徴・注意点もまるわかり! 得する豆知識自転車保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】 自転車保険のおすすめ5選【2020年版】自転車保険比較の方程式のおすすめ5選!注意点は?家族で義務化に対応