ロードバイクのおすすめ自転車保険は?盗難・賠償・事故を補償すべし!

一般的な自転車より価格が高く、高速走行が可能なロードバイク。そんなロードバイクは便利な反面、盗難や交通事故といった多くのリスクを孕んでいるといえるでしょう。では、そのリスクに対応するための保険はあるのでしょうか?
そこで今回は、ロードバイクのリスクに備えるための保険について解説します。

ロードバイクには事故と盗難の2つのリスクがある

自転車のロードレースで用いられることの多いロードバイクは、一般的な自転車に比べて高速で走行できます。
そのため通勤や通学に限らず、休日のツーリングに利用している人も多いでしょう。
ロードバイクは安い物であれば数万円、高額な物になると数十万円とかなり高額になり、価格によって性能にも差が出ます。
大手メーカーから発売されている最安値モデルでも、5~10万円程度。そこからハンドルやステム、シートなどのパーツをカスタムするとなると、さらに価格は上がっていきます。
そんなロードバイクには、大きく分けて2つのリスクが存在します。その2つとは「事故」と「盗難」です。
これらのリスクは高速走行が可能で、価格が高いロードバイク特有のものといえるのではないでしょうか。
それでは、ロードバイクを利用する上で気を付けておきたい2つのリスクについて、詳しくみていきましょう。

時速40kmで走るロードバイクは事故のリスクが高い

ロードバイクは時速40km/h程度という自動車並みのスピードを出せる自転車です。
上級者になると、平地で70km/h、下り坂で100km/hの瞬間速度が出せるのだとか。
また、前傾の運転姿勢をとるため前方の視界が限られることもあり、一般的な自転車に比べて事故の当事者となり得る可能性が高いといわれており、走行には細心の注意を払う必要があるでしょう。
自転車事故は起きたときの損害が非常に大きく、事故によって3つの損害が生じます。その3つの損害を以下にまとめたので、チェックしてみましょう。
①相手をケガor死亡させて賠償金を請求される
自転車事故は自分がケガを負う場合もありますが、高速走行できるロードバイクは自分が加害者になるリスクが高いといわれています。
そのため相手にケガを負わせたり、死亡させたりする可能性があり、高額な賠償金を請求される場合もあります。
過去の自転車事故の賠償例を見ると、高額な賠償がいくつかあります。2013年の神戸地裁の判決では、小学5年生の男児の親に約9,500万円の賠償が命じられました。
また、2008年の東京地裁の判決では約9,300万円、2003年の東京地裁の判決では6,800万円の賠償が命じられるなど、1億円近い賠償事例が発生することがあるのです。
②自分がケガor死亡する
ロードバイクを運転していると相手にケガを負わせるリスクもありますが、自分がケガをすることもあります。では、参考までに当サイトが行った「自転車事故の治療費に関するアンケート」の結果を見てみましょう。


※表は横にスクロールできます。

100人中 日額治療費平均 合計治療費平均
通院 93人 3,078円 17,597円
入院 9人
(自己負担5人)
6,440円 54,000円
手術 7人
(自己負担5人)
36,250円 36,250円

※調査期間:2018年11月1日(木)~2018年11月2日(金)実施
 調査対象:自転車利用中の事故で病院に行った経験がある人/調査方法:インタ―ネットを利
      用したWEBアンケート調査
 回答者数:100人
 調査協依頼の呼びかけ方法等:アンケート回答サイトにて質問項目を公開し募集

アンケート結果を見ると、自転車による事故で通院をした人は平均3,078円の治療費が発生していることがわかります。また入院が平均6,440円、手術が平均36,250円となっています。
③ロードバイクが故障・破損する
一般的な自転車より、性能に優れたロードバイクは高額になります。たとえ、相手や自分にケガがなかったとしてもロードバイクが故障や破損を修理に高額な費用がかかってしまうのです。

盗まれたら返ってこない!

上述の通り、ロードバイクは数万~数十万円する高価なモノです。
そのため、ママチャリなどの一般的な自転車よりも高値で売ることができるロードバイクの盗難は後を絶ちません…もしも盗まれてしまった場合、売り捌かれてしまうことが多く、盗難車として戻ってくる可能性はかなり低いようです。
警察庁の統計資料によると、ロードバイクに特化した数字ではないですが、盗まれた自転車が戻ってきたのは、全体のわずか6%程度(※)。
つまり、盗難されたらほとんど返ってくることはないと思っておいた方がいいでしょう。
一般的に高価なロードバイクだと尚更だと思います。

※平成29年の自転車盗件数は20.5万件検挙者数は1.3万人から算出。

どうやって事故と盗難のリスクに備えるべき?

「事故」と「盗難」のリスクに備える方法は、2つあります。それぞれチェックしてみましょう!

自分で気を付ける

基本的には、いかに自分で気を付けられるかがポイントになります。
事故や盗難に遭ってから後悔するのではなく、日頃から以下に紹介する方法でロードバイクに起こり得るリスクに備えておきましょう。
●交通ルールを把握し遵守する
ロードバイクに乗るうえで絶対に守らなければいけないことは、道路交通法です。道路交通法において、自転車は“軽車両”つまり“車”として位置付けられています。
そのため車を運転しているという意識をもち、交通ルールを把握して遵守しなければりません。
●バイクの点検を怠らない
ブレーキやタイヤの空気圧、タイヤのキズなどを点検し、常にロードバイクを正常な状態にしておく必要があります。
もし高速走行できるロードバイクで突然ブレーキが利かなくなったら…下り坂でタイヤが破損したら…。想像しただけでも、恐怖を感じますよね。
そうならないためにも、日頃から安全点検を怠らず、運転する前には必ずブレーキやタイヤの状態を確認しましょう。
●安全装備を心掛ける
最悪の事態を防ぐためにも、ロードバイクに乗る際は必ずヘルメットを着用しましょう。ヘルメットを着用することで、万が一事故が生じた場合もケガを軽くすることができるといわれています。
また、ロードバイクのような高速かつ長時間走行を行う場合は、走行中に起こる視界不良のリスクを取り除くためにサングラスを着用するのもおすすめです。
ロードバイク走行中には砂ぼこりで視界が悪くなったり、小さな虫が目に飛び込んできたりして危険な状況になることもあるので、ヘルメットとあわせてサングラスも用意しておくと安心です。
●保管場所や施錠方法で盗難のリスクを低減
高額なロードバイクは盗難のリスクが高く、車体から目を離したほんの数分の間に盗まれるケースもあります。
近年、ネットオークションの普及から誰でも簡単に自転車やパーツを転売できるようになったため、プロの窃盗集団だけでなく若年層による犯行も増えてきているので油断できません。
ロードバイクが盗難の被害に遭いやすいのは、
・駅前
・学校
・集合住宅の駐輪場
・スポーツバイクの専門店が入っている大型ショッピングモール
・スポーツバイクのイベント会場
だといわれています。このように、人目の有無にかかわらず盗難が多発していることを念頭に置いて、必ず「室内保管」を行うように心掛けましょう。
また、盗難後の発見率を上げるために「位置追跡デバイス」の利用もおすすめです。
デバイスはBluetoothのネットワークで位置情報を追跡するものと、GPSを使用して位置情報を直接確認できるものの2種類に分かれており、盗難車の追跡にはGPS方式のデバイスが適しているといわれています。
施錠に関しては、鍵をつけたまま自転車が持ち去られるというリスクを回避できる「地球ロック」が基本です。
道路標識や柵等の地面に基礎があるモノにワイヤー等を括り付けましょう。でも、鍵の切断は素人でも簡単に行えるので、鍵をかけているから安心とは思い込まないように!

保険に加入する

しかし、事故も盗難もどれだけ万全に備えていても、完全に防ぐことはできません。
また、上述の対策をとっても自転車事故による損害の1つ「相手をケガor死亡させて賠償金を請求される」への対策はできていません。では、一体どうすればいいのでしょうか?
このように自分で気を付けていても限界があるものや、気を付けてもどうしようもないリスクに備える方法として「自転車保険」があるのです!

重要なのは4つの補償

一般的な自転車保険は、事故によって相手にケガをさせた場合や自分がケガをした際の補償がメインとなっており、盗難やロードバイクの破損に対する補償は取り扱っていないものが多いのが現状です。そのため、リスクに備えるには以下の2種類の保険に加入した方がいいでしょう。

「個人賠償責任補償」と「傷害補償」が付いた保険

相手にケガをさせ、賠償責任が生じた際に補償してくれる個人賠償責任補償と、自分がケガをしたときに補償してくれる傷害補償が付いた保険。いわゆる「自転車保険」はこれに当たります。

「自転車が盗難されたときの補償」と「自転車が破損したときの補償」が付いた保険

多くの「自転車盗難保険」には、自転車が盗難されたときの補償と自転車が破損したときの補償が付いています。

加入した方がいい保険①自転車保険(個人賠償責任補償と傷害補償)

個人賠償責任補償と傷害補償がついた保険に加入することによって、相手にケガをさせたときと自分がケガをしたときのリスクに対応できます。いわゆる「自転車保険」と呼ばれる保険は個人賠償責任補償と傷害補償がセットになったものなので、自転車保険に加入すればこの2つは得られるでしょう。(※すでに他の保険でこの2つの補償がついている場合は、自転車保険に加入する必要はないでしょう。)
自転車事故の過去の裁判例では賠償金が約9,500万円という判決が下されたことがあるので、個人賠償責任補償ではこの金額を1つの目安として検討するといいでしょう。
もちろん今後9,500万円を超える判決が出る可能性があるので、その点も注意が必要です。
傷害補償の目安は、上述のアンケートを目安にしてみましょう。
アンケートの結果では、自転車による事故で病院にかかった人は平均3,078円の治療費が発生しているほか、入院で平均6,440円、手術で平均36,250円かかっていることがわかります。
できれば通院・入院・手術の補償があれば安心でしょう。

加入した方がいい保険②自転車盗難保険(盗難補償と破損補償)

盗難補償と破損補償が付いた保険に加入することによって、自転車が盗難された場合や事故等でロードバイクが破損した場合のリスクに対応できます。
多くの「自転車盗難保険」には盗難補償と破損補償が付いているので、加入しておけばこの2つは得られるでしょう。(※すでに他の保険でこの2つの補償がついている場合は、必ずしも自転車盗難保険に加入する必要はありません。)
ただし、ロードバイクの価格が比較的安い場合は、補償されない自転車盗難保険もあるので注意してください。
また、盗難された自転車の価格で補償額を決定するものと、盗難された後に新しく購入した自転車の価格で補償額を決定するものがあるので、その点もしっかり調べてから加入することをおすすめします。

まとめ

ロードバイクに必要な保険について解説しました。
通学や通勤だけでなく、長距離ツーリングにも適している人気のロードバイクは、事故や盗難など多くのリスクを孕んでいます。
そのため交通ルールを遵守したり、日常的にバイクの点検を行ったり、保管方法を工夫したりしてそれらのリスクに備えなければなりません。
さらに、以下の4つの補償が付いた保険に加入することによって、よりリスクを減らすことができます。
 ・個人賠償責任補償:相手にケガをさせ賠責責任が生じたときのための補償
 ・傷害補償:自分がケガをし治療費が発生したときのための補償
 ・盗難補償:ロードバイクが盗まれたときのための補償
 ・破損補償:ロードバイクが破損したときのための補償
一般的な自転車より高価ではあるものの、圧倒的な爽快感が得られるロードバイク。充実したロードバイクライフを送るためにも、自転車保険に加入して万が一に備えましょう!

注意事項
*1
保険プラン比較表利用時の注意事項については、保険プラン比較表利用時の注意事項をご覧下さい。

あなたにおすすめの記事

【セブンイレブンの自転車保険】口コミは?更新・解約方法も解説 自転車保険会社一覧 いくら?特徴・注意点もまるわかり! 自転車保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】 【2020年版】自転車保険比較の方程式のおすすめ5選!注意点は?家族で義務化に対応