自転車に自賠責保険はない!自転車保険の個人賠償責任は1億円が目安?

事故のとき相手への損害賠償を補償する「自賠責保険」。
車やバイクでは強制加入となっていますが、自転車保険として使えるのでしょうか?

この記事はこんな人におすすめ!
「自転車保険に入りたいが、自賠責が使えるか知りたい」
「自賠責保険と賠償責任補償の違いがよく分からない」

自転車事故に自賠責保険は使える?

自動車を所有している人であれば、必ず加入しているのが自賠責保険です。
これにより、事故を起こしてしまった場合に、相手側のケガや損害を補償してもらうことができます。

自賠責保険とは

自賠責保険は「強制保険」とも呼ばれます。
「すべての車の所有者に加入が義務付けられている損害保険」として自動車損害賠償保障法に定められています。
加入していなければ車検が通らず、一般道を走行することもできません。

自賠責保険なしで運転すると?

もし、これが切れた状態で走行すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。
そして違反点数6点が付加されるため免許停止処分になります。

自賠責保険の補償内容

相手のケガに対して最大4000万円の補償を受けることができます。
【補償内容】

補償 補償額
傷害補償
(治療費や慰謝料など)
最大120万円
死亡補償
(逸失利益や慰謝料など)
最大3,000万円
後遺障害補償
(治療費や逸失利益)
最大4,000万円

ただし、死亡時や重大な後遺障害が残る場合以外は、限度額が120万円となります。
また、対物補償は付いておらず、自分のケガについても一切補償されません。
より手厚い補償を受けたい場合は、任意保険に別途加入する必要があります。

【自賠責は使える?】自転車との事故の場合

自転車 対 自動車(バイク・原付)事故の場合、自動車の自賠責保険を適用することができます。

自賠責で補償される部分
【支払われる】
自転車側の負ったケガの治療費や慰謝料
【支払われない】
自動車側の負ったケガの治療費
自転車本体の修復費用
自動車の修復費用
自転車側が負ったケガの治療費や慰謝料などは、自動車側が加入している自賠責保険の補償から支払われます。
しかし、対物補償はつかないため、自転車の修理代などに関しては自賠責保険ではカバーできません。
また、自分の車の損傷や自身のケガについても補償を受けることはできません。

自賠責保険の注意点

1.自賠責保険には対物補償がついていない
もし相手の自転車などを壊してしまった場合には、自動車側が加入している任意保険もしくは自己負担で修理をする必要があります。
2.重大な事故以外の補償が少ない
また、死亡事故や相手に後遺障害が残るような事故でなければ、補償限度額は120万円となっていて、高額な補償は受けられません。

自転車側に支払い義務が発生する場合もある?

自動車と自転車の事故は、基本的に自動車側の過失が大きくなります。
しかし、場合によっては自転車側に支払い義務が発生する場合があります。
例えば自転車で停止中の高級車にぶつかって部品を壊してしまったような場合は自転車側に高額の支払い義務が発生するケースもあります。
このように、自動車との事故の場合でも、自転車側の保険が必要になることがあります。
また、対歩行者の事故を起こした場合は、主に自転車側に賠償責任が発生します。

自転車保険とは

そもそも自転車保険とは、どんな場合に備えるための保険なのでしょうか?
また、加入が必要なのはどんな人なのでしょうか?

自転車保険は何を補償する保険?

まずは、自転車保険の中身をざっくり見ていきましょう。

最近よく「自転車保険の加入義務化」って聞くんですが、自転車保険ってなんですか?

自転車保険とは、自転車事故を起こした時の費用を負担してくれる保険じゃよ。

自転車で相手に被害を与えた時の「損害賠償保険」や、
自分がケガをした場合の「傷害保険」のことをいうんじゃ。
なるほど、その2つをまとめて「自転車保険」って呼ぶんですね!

自転車保険とは
  1. 相手の損害への保険(損害賠償保険)
  2. 自分のケガの保険(傷害保険)

この2つが合わさったもの

うむ!その2つのどちらか、もしくは両方に対応している保険を「自転車保険」と呼んでいるんじゃよ。

大切なのは相手のケガへの保険

特に重要視されとるのは、損害賠償保険としての自転車保険じゃな。
自転車でも損害賠償ってあるんですか?

そうなんじゃ。実は、「自転車保険の加入義務化」というのは、損害賠償責任に備えることなんじゃ。

つまり、「相手にケガをさせた時に損害賠償を支払える保険に入っておきなさい」ということじゃよ!
確かに、誰でも事故を起こす可能性はありますもんね…。

家族で1人だけ入れば大丈夫?

損害賠償保険は、家族の中の誰か一人が加入すれば、他の家族が自転車事故で加害者になった場合も補償してくれるんじゃよ!
一人分の保険料で家族も補償されるなんていいですね!

ただし、例外もあるから加入条件もチェックするんじゃぞ!
はい!まずは家族の誰かが自転車保険に加入していないかチェックですね!

損害賠償保険はなぜ大切?

ここで、「損害賠償保険」の中身について確認しておきましょう。

博士ー、損害賠償保険についてもう少し詳しく教えてください!

損害賠償保険とは、事故で加害者になってしまった場合のための保険じゃ。

支払われるのは基本的に相手のケガへの補償や相手の自転車や車への対物補償じゃ。
ケガは分かりますが、車の修理も補償することがあるんですね。

そうなんじゃ。相手が高級車の場合なんかじゃと、自転車側に支払い義務が発生するケースがあるんじゃよ。
えー!!そんなぁ。

対歩行者の場合だともっと大変じゃ。

過去には小学生が起こした事故で、数千万円の支払い命令が出た事例がいくつもあるんじゃ。
えー!!そんなお金とても支払えません…。

そうじゃな。そうなると、被害者も加害者も両方が困ってしまうじゃろ。
たしかに…。

被害者と加害者の両方を助けるために自転車保険は必要なんじゃよ。

自転車に自賠責保険はある?

自転車には、自動車の自賠責保険のように強制加入の保険がありません。
相手への損害賠償補償を受けるためには、自転車用の損害賠償保険に入る必要があります。

自転車保険に加入していない場合どうなる?

自動車と事故を起こした場合、自転車の過失割合は一般的に低いので、基本的に自動車側の自賠責保険や任意保険でケガの補償を受けることができます。
しかし、自転車同士の事故や対歩行者の事故で加害者になった場合、自転車保険に加入していなければ相手への損害賠償は自己負担になってしまいます。
また特に対歩行者の場合、通院補償や入院保障などが含まれる保険に入っていないと、自分の治療費も自己負担となります。

自転車保険と自賠責保険の違い

自転車保険は自賠責保険と違い、必ず加入しなければならないというわけではありません。
また、自転車保険の加入義務化の対象地域であっても、未加入時の罰則は設けられていません。
【補償内容の違い】
自転車保険に入っていれば自賠責補償と違い、対物補償も受けることができます。
また傷害補償の入ったプランを選択すれば、自身のケガの補償も受け取ることができます。

自動車保険、火災保険、傷害保険や共済の特約

ここまで自転車保険の必要性について見てきましたが、実は自転車保険に申し込む必要のない人もいます。
すでに加入している自動車保険や火災保険、傷害保険などの特約として損害賠償補償が含まれていることがあるからです。

各種保険の特約は自転車保険として使える

損害賠償補償が特約として付いている保険にはどのようなものがあるのでしょうか?

博士ー!私の家は誰も自転車保険に入ってないらしいから、自転車保険に入ります!

待つのじゃ。自転車保険に加入する前に一つ大切なことがあるぞ!
え!何?

あいちゃんの家族は自動車保険や全労済などの保険には入っておらんか?
あ、自動車保険には加入しています!でも車の保険で自転車事故は補償されないんじゃ…。

もし自動車保険に「個人賠償責任補償」や「日常生活賠償補償」という特約がセットされていればそれでカバーされるんじゃよ!

自転車保険という名前でなくても、各種保険の特約に損害賠償補償がついていれば自転車事故をカバーできるんじゃ。
そうなんですか?!

特約の補償内容や加入条件、注意点などは保険会社によって異なるから、個別に確認は必要じゃがな。
早速うちへ帰って確認しなきゃ!

うむ!自転車保険比較の方程式でも、各社の保険の特約についての記事があるから参考にするのじゃ!
自動車保険の特約自転車保険、自動車保険の個人賠償特約に入れば大丈夫!でも注意点あり? アクサの自転車保険アクサダイレクトには自転車保険がない!特約パッケージの補償額は少ない…? 全労済の自転車保険全労済(こくみん共済 coop)の自転車保険は月々200円から!傷害タイプには注意が必要

自転車保険の選び方

自転車保険の必要性についてはお分かりいただけたでしょうか?でも、いざ加入するとなると、「なんだか面倒くさそう…」と思ってしまいますよね。
実は、自転車保険は手頃な価格で加入することができて、手続きもインターネットやコンビニで済ませられることが多いんです!

自転車保険は安い

実は自転車保険にかかるお金は、自動車保険と比べるとかなり安いんです。

自動車の自賠責保険って、たしか年間1万円くらいかかりますよね…。

自転車保険でもやっぱりそのくらいの保険料になるんでしょうか?

自動車の自賠責保険は年間15,520円ほどかかるのじゃが、自転車保険の場合は年間1,000円台からあるんじゃよ!
えー!!年間で1,000円台!?

そうじゃろ?安くても損害賠償補償がしっかりしている自転車保険も多いんじゃ。

ネットやコンビニから簡単に手続きができる、便利な自転車保険もあるんじゃよ!
保険って面倒な手続きがあるイメージがありますよね!手続きが簡単なのは助かります!

各コンビニに設置されている端末を利用して、その場ですぐに自転車保険に加入することができるので便利じゃよ。

次の記事でも特徴と注意点をまとめておるから参考にするんじゃ!
コンビニの自転車保険比較大手コンビニ3社の自転車保険を比較!それぞれどんな人におすすめ?注意点は? 安い自転車保険のおすすめ【安い自転車保険ランキング】家族で安く義務化に対応!おすすめプランを比較

自分や家族のケガの補償は必要?

相手への損害賠償補償はもちろん大切ですが、自分や家族がケガをした時の補償も気になりますよね。
自転車保険に加入していれば、自分や家族のケガも補償してくれるのでしょうか?

博士ー、自転車保険には、自分がケガをしてしまった時の補償ってついているんでしょうか…?

ついているものもあるぞ!しかし、自転車保険は自身のケガに対する補償を充実させると保険料も上がっていくんじゃよ。

家族が事故を起こした場合の家族自身のケガを補償したい場合には、夫婦型や家族型プランに加入する必要があるしのぅ…。
そうなんだ。保険料はできるだけ抑えたいからな〜。

対自動車事故の場合は、基本的に自転車が被害者として扱われることが多いんじゃが…。
なるほど、その場合には自分のケガの治療費は相手側が補償してくれるんですね。

そうなんじゃよ。問題は、それ以外の対自転車や対歩行者、自身で転倒した場合じゃな!

どの程度のケガを補償してもらいたいのかを具体的に検討することが大切じゃよ!
なるほど!自分の予算と、欲しい補償内容のバランスを見て選びます!

自転車保険のおすすめ5選【2020年版】自転車保険比較の方程式のおすすめ5選!注意点は?家族で義務化に対応

無理のない自転車保険を選ぼう

今回は、自賠責保険と自転車保険の関係について解説しました。
自転車の場合は自動車と違って自賠責保険のような強制保険はありませんが、自転車を利用している限り、いつ交通事故に巻き込まれてもおかしくありません。
また、自転車同士の事故や対歩行者での事故では加害者になる可能性もあるので、損害賠償補償が手厚い自転車保険へ加入しておくと安心です。
自転車保険という名前がついていなくても、自動車保険の特約などで自転車事故をカバーすることもできるので、まずはすでに加入している保険の内容を確認してみましょう。
事故で自分がケガを負った場合の補償は、補償の内容を手厚くするほど保険料が高くなっていきます。
希望の補償内容と保険料のバランスが取れているプランを選び、無理のない範囲で継続できる自転車保険を選びましょう!

あなたにおすすめの記事

セブンイレブンの自転車保険【セブンイレブンの自転車保険】口コミは?更新・解約方法も解説 保険会社一覧自転車保険会社一覧 いくら?特徴・注意点もまるわかり! 得する豆知識自転車保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】 自転車保険のおすすめ5選【2020年版】自転車保険比較の方程式のおすすめ5選!注意点は?家族で義務化に対応