兵庫県|自転車保険の義務化、違反時に罰則はある?賠償責任保険に加入すべき?

兵庫県で施行された「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」に伴って、平成27年10月1日から自転車損害賠償保険等への加入が義務付けられました。しかし「兵庫県に住んでいないから関係ない」と勘違いしている人もいるようです…。
そこで今回は、どのような人が義務の対象なのか詳しく解説します!

平成27年4月1日、兵庫県では「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が施行されました。それに伴って、平成27年10月1日より自転車事故を起こした場合の賠償責任を補償する保険である自転車損害賠償保険等への加入が義務付けられることになりました。

しかし、義務の対象者についてイマイチ分かっていない人も多く、兵庫県に住んでいるわけではないから関係ないと思い込んでいる人もいるようです。

ここからは、どのような人に自転車損害賠償保険等への加入の義務があるのか具体例でご紹介します。兵庫県に住んでいる人だけでなく、兵庫県に通勤・通学している人も参考にしてくださいね!

自転車で兵庫県を走行する人は義務の対象!

兵庫県が平成27年4月1日に施行した「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」では、平成27年10月1日より自転車損害賠償保険等への加入が義務付けられています。その義務の対象者は、基本的には「自転車で兵庫県を走行するか」で決まります。

そのため兵庫県在住かどうかは関係なく、他府県に住んでいても自転車で兵庫県を走行する場合は義務の対象になります。

しかし、自転車で兵庫県を走行する人だけが義務の対象になるわけではありません。対象になるのは、

  1. 自転車利用者
  2. 保護者
  3. 事業者
  4. 自転車貸付業者
  5. 自転車小売業者

以上です。

対象者 義務/努力義務
自転車利用者
保護者
事業者
小売業者 〇及び△
貸付業者 〇及び△

◯:義務 △:努力義務

※表は横にスクロールできます。

義務の内容をチェックしましょう!

自転車利用者の加入義務について

自転車に乗る人は、自分が被保険者となる自転車損害賠償保険等に加入する義務があります。ただし、他の人(保護者、事業者など)が加入している場合は義務の対象にはなりません。

以下に自転車利用者の加入義務についての条例を抜粋したので、チェックしてみましょう!

自転車利用者は、自転車損害賠償保険等(その自転車の利用に係る事故により生じた他人の生命又は身体の損害を填補することができる保険又は共済をいう。以下同じ。)に加入しなければならない。ただし、当該自転車利用者以外の者により、当該利用に係る自転車損害賠償保険等の加入の措置が講じられているときは、この限りでない。
(第13条第1項)

自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例より引用

未成年者の場合は保護者に加入義務がある

未成年者は自分で保険に加入することはできないので、保護者が代わりに自転車保険に加入する義務を負います。

保護者は、その監護する未成年者が自転車を利用するときは、当該利用に係る自転車損害賠償保険等に加入しなければならない。ただし、当該保護者以外の者により、当該利用に係る自転車損害賠償保険等の加入の措置が講じられているときは、この限りでない。(第13条第2項)

自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例より引用

事業者は加入義務

従業員が業務の中で自転車を利用する場合は、従業員が被保険者となるような賠償責任保険などに加入しなければなりません。これは、保険によっては勤務中の事故が補償対象外となる場合があるためです。

事業者は、その事業活動において従業者に自転車を利用させるときは、当該利用に係る自転車損害賠償保険等に加入しなければならない。(第13条第3項)

自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例より引用

小売業者・貸付業者は義務と努力義務の両方

小売業者と貸付業者には、義務と努力義務の両方が課せられます。知らないうちに義務を違反していないか、改めて確認しましょう。

○小売業者
【義務にあたる】
自転車を買おうとしている人に、自転車保険などに加入しているかを確認をしなければなりません。

【努力義務にあたる】
加入しているかを確認した上で、加入していない or 加入しているかわからないという回答であった場合、自転車を買おうとしている人に自転車保険などの情報を提供する努力をしなければなりません。

○貸付業者
【義務にあたる】
自転車を借りようとしている人に、自転車保険などに加入しているかを確認をしなければなりません。

【努力義務にあたる】
加入しているかを確認した上で、加入していない or 加入しているかわからないという回答であった場合、自転車を借りようとしている人に自転車保険などの情報を提供する努力をしなければなりません。

※なお、貸付は有料・無料を問わないため、ホテルなどで無料で自転車を貸し出す場合も該当します。

自転車小売業者は、自転車を販売するときは、当該自転車を購入しようとする者(以下「自転車購入者」という。)に対し、当該自転車の利用に係る自転車損害賠償保険等の加入の措置の有無を確認しなければならない。(第14条第1項)
自転車小売業者は、当該自転車の利用に係る自転車損害賠償保険等の加入の措置が講じられていることを確認できないときは、当該自転車購入者に対し、自転車損害賠償保険等の加入に関する情報を提供し、自転車損害賠償保険等の加入を勧めるようにするものとする。(第14条第2項)
前2項の規定は、自転車貸付業者が自転車を貸し付けるときについて準用する。(第14条第3項)

自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例より引用

未加入の場合はどうなる?違反したら罰則はあるの?

ここで気になるのが、未加入の場合はどうなるのか…違反したら罰則はあるのか…ということですよね。もしかしたら今日まで加入義務の対象になっていることに気付かず、今になって焦っている人もいるかもしれません。

兵庫県では自転車保険への加入が義務となっていますが、今のところ罰則は設けられていません(2019年5月現在)。その主な理由は、保険に加入しているかどうかの確認が難しいからです。加入義務の対象となるような補償は、自動車保険や火災保険のオプションとして加入している場合もあり、自分自身で加入していなくても親や配偶者が「家族プラン」に加入している場合もあるので、それぞれの保険加入を証明することは非常に困難なのです。なお、これは兵庫県に限らず、すでに義務化している府県についても罰則規定はありません。

しかし、罰則がないからといって加入しなくていいという訳ではありません。万が一の高額な賠償金や、被害者の治療費をまかなうためにも自転車保険には加入しておくべきです。

義務の対象になるか具体例で確認!

兵庫県の自転車損害賠償保険等への加入の義務対象者や内容について解説しました。続いて、具体例を用いてもう少し詳しくみていきましょう。

  1. 兵庫県在住ではないものの、来年度から子どもが兵庫県内の高校に自転車で通う
  2. →保護者に義務がある
    兵庫県を自転車で走行すると義務の対象になりますが、ほとんどの高校生は未成年者であるため、代わりにその保護者に義務が生じます。そのため、保護者は子どもが被保険者となるような損害賠償保険などに加入しなければなりません。

  3. 自転車で神戸市の大学に通う
  4. →年齢によって義務の対象が異なる
    未成年者の場合は保護者に義務がありますが、成年者であれば自分に義務が生じます。成年者の場合は、自分が被保険者となるような損害賠償保険に加入しなければなりません。

  5. 業務の中で自転車を利用する
  6. →勤務している会社に加入義務がある
    業務の中で自転車を利用する場合は、事業者に加入義務があるので従業員が個々に加入する必要はありません。ただし、通勤など業務外で自転車を利用する人は義務の対象となります。

  7. 勤務先が西宮市にあり、来月から健康のために自転車通勤を考えている
  8. →自分に義務がある
    西宮市は兵庫県にあるので、条例の対象になります。

  9. 姫路市に旅行に行き、自転車をレンタルした
  10. →場合による
    貸付業者が自転車保険に加入している場合は、第13条第1項のただし書きの部分に該当するため自転車利用者に加入義務はありません。ただし、貸付業者が未加入の場合は、第13条第1項のただし書きの部分に該当しないため加入義務が生じます。

まとめ

平成27年10月1日から義務付けられた自転車損害賠償保険等への加入の義務化対象者について解説しました。

被害者の救済や加害者の経済的負担の軽減のために、事故への備えとして加入が義務付けられた自転車保険。兵庫県に住んでいない人でも、自転車で兵庫県を走行すれば義務の対象になるということを覚えておきましょう。ただし、業務でのみで自転車を利用する人は事業者に加入義務があります。業務で自転車を利用する場合は、念のために保険に加入しているか確認しておくと安心ですね!

兵庫県の義務化対象市区町村

義務化対象となる市区町村は以下を参考にして下さい。

神戸市東灘区/神戸市灘区/神戸市中央区/神戸市兵庫区/神戸市北区/神戸市長田区/神戸市須磨区/神戸市垂水区/神戸市西区/姫路市/尼崎市/明石市/西宮市/洲本市/芦屋市/伊丹市/相生市/豊岡市/加古川市/赤穂市/西脇市/宝塚市/三木市/高砂市/川西市/小野市/三田市/加西市/篠山市/養父市/丹波市/南あわじ市/朝来市/淡路市/宍粟市/たつの市/加東市/川辺郡猪名川町/多可郡多可町/加古郡稲美町/加古郡播磨町/神崎郡市川町/神崎郡福崎町/神崎郡神河町/揖保郡太子町/赤穂郡上郡町/佐用郡佐用町/美方郡香美町/美方郡新温泉町

あなたにおすすめの記事

【セブンイレブンの自転車保険】口コミは?更新・解約方法も解説 自転車保険会社一覧 いくら?特徴・注意点もまるわかり! 自転車保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】 【2020年版】自転車保険比較の方程式のおすすめ5選!注意点は?家族で義務化に対応