仙台|自転車保険の加入義務、共済でもOK?意外と共済は高い?

自転車保険への加入義務化が全国的に進む中、仙台でも平成29年4月1日から自転車損害賠償保険等への加入が義務付けられました。
ここでは、自転車保険について解説するとともに、自転車保険として共済保険に加入することは選択肢としてアリなのか解説したいと思います!

仙台では自転車保険の加入が義務!

通学で通勤で自転車を利用している人は多いですよね。大人はもちろん、こどもでも気軽に乗れる自転車に対して「自転車は車よりも安全」だと思い込んでいる人もいるかもしれません。

しかし、実際は自転車による重大な交通事故が増えているのです……。
なかでも注目されているのが、自転車が加害者となった死傷事故で高額な賠償金を課せられた事例です。

過去には約1億円もの損害賠償が命じられたこともあり、全国の自治体は被害者と加害者の両方を救済するために、自転車保険の加入義務化を進めています。
そんな中、仙台市は自転車の安全利用に関する基本理念を定め、市民等の交通安全を確保するために「仙台市自転車の安全利用に関する条例」を施行しました。

そして、2019年4月1日から仙台市を走行する人に自転車損害賠償保険等の加入義務を課しています。
仙台の自転車保険加入義務化仙台|自転車保険の義務化、違反時に罰則はある?賠償責任保険に加入すべき?

「個人賠償責任補償特約」や「日常生活賠償特約」のついた共済は自転車保険等に該当する


自転車保険に加入しなければいけないとなると、さっそく保険選びを始めなければなりません。
保険を選ぶ際は補償内容も大事なポイントになりますが、できれば保険料は安く抑えたいですよね。
そこで気になるのが「共済でも加入義務を果たすことになるの?」ということではないでしょうか?

安いイメージのある共済でもOKであれば、家計も助かりますよね。
結論としては、共済に加入していれば自転車保険への加入義務は果たしていることになります!

仙台市では、加入を義務付けている保険を「自転車の利用に係る交通事故により生じた他人の生命又は身体の被害に係る損害をaX補することを約する保険又は共済をいう。」と定義しています。
難しく感じますが、まとめると「個人賠償責任補償特約」や「日常生活賠償特約」などの“相手のケガなどへの賠償に対する補償特約”が付いている場合は、条例で加入を義務付けている自転車損害賠償保険等の中に含まれるということになります。
また、自転車保険と共済の他にも、自転車保険への加入義務を果たすものがあります。

以下に自転車保険と共済の他に該当するものをまとめたので、参考にしてみましょう。

  • 火災保険
  • 自動車保険
  • 傷害保険
  • 団体保険
  • TSマーク
  • ただし、共済と同様に個人賠償責任補償特約に相当する特約が付いていることが前提となります。

    ところで、保険と共済は何が違うの?

    共済であっても、相手のケガなどへの賠償に対する補償特約が付いている場合は自転車保険の加入義務を果たすと説明しました。

    続いて、「保険と共済は名称が違うものの、内容が似ていて違いがよくわからない……」という人のために、保険と共済の違いを解説します。
    保険と共済は細かい違いはありますが、大まかにいえば同じだと思っていただいて大丈夫です。
    どちらも「多くの人からお金を集めて、不測の事態に備える」というシステムになっており、とりあえず知っておくべきことは以下の3つです。

  • 保険は営利目的、共済は非営利
  • 共済は非営利なので、一般的に廉価といわれる
  • 使う言葉の種類が違う
  • 資料1

    保険 共済
    保険料 共済掛金
    保険金 共済金
    補償 保障

    保険と共済の違いを知ると、「安い共済の方がお得」というイメージだけで加入を決めてしまう人もいるでしょう。しかし、それは早計といえるかもしれません……。

    「共済は非営利だから安い」というのは本当なのか

    共済は保険と違って営利目的ではないので、自転車保険の場合も共済掛金は安そうなイメージがありますよね。でも、本当にそうなのでしょうか?

    自転車保険の場合は、共済だからといって必ずしも安いとは限らない!

    じつは、自転車保険の場合は「共済=安い」が必ずしも成り立つわけではないんです。

    一般的には安いといわれている共済ですが、自転車損害賠償保険等に該当する共済保険のプランと自転車保険とを比べてみると、掛け金にはさほど大きな違いがみられないことも……。

    では、実際に自転車損害賠償保険等に該当する共済と自転車保険のプランを比較してみましょう。
    まず、仙台在住の人が加入できる成人向けの共済プランをみていきます。自転車損害賠償保険等に該当する主な共済保険のプランの月掛金と賠償責任補償についてまとめたので、チェックしてみましょう。
    資料2

    会社名 基本となるプラン 個人賠償責任特約 月掛金 賠責共済金額
    全労済 傷害タイプ 個人賠償プラス 1,000+200円 1億円
    傷害Wタイプ+個人賠償プラス 1,800+200円
    コープ共済 《たすけあい》医療コースV1000円コース 個人賠償責任保険 1,000+140円 3億円
    《たすけあい》医療コースV2000円コース 2,000+140円
    《たすけあい》医療コースV4000円コース 4,000+140円
    《たすけあい》ベーシックコースR3000円コース 3,000+140円
    《たすけあい》ベーシックコースR4000円コース 4,000+140円
    宮城県民共済 総合保障1型 個人賠償責任保険 1,000+140円 3億円
    総合保障2型 2,000+140円
    総合保障4型 4,000+140円
    入院保障2型 2,000+140円
    総合保障1型+入院保障2型 3,000+140円
    総合保障2型+入院保障2型 4,000+140円

    ※月掛金の+○○円のところは、個人賠償責任保険の分の月掛金です。
    こうして表でみてみると、それぞれの共済の月々の掛け金がよく分かりますね。
    共済の場合は、ベースとなる保険に個人賠償責任特約を追加する形になるため、最低でも月1,000円以上の費用がかかります。賠責共済金額の大きさなど、どの程度の補償があれば安心できるか自身の考えに見合ったプランを選ぶといいでしょう。
    続いて、当サイトで紹介している自転車保険のプランをいくつか抜粋してみたのでチェックしてみましょう!

    資料3

    引受保険会社 プラン名 保険料(月当たり)
    三井住友海上 節約コース 170円
    東京海上日動 eサイクル保険 充実プラン 480円
    au損保 Bycle Best シルバー 1,360円
    au損保 Bycle Best ゴールド 2,080円

    資料2と資料3を比較してみると、必ずしも共済だから安いというわけではないことが分かりますね。そのため「保険は高い、共済は安い」と決めつけずに、両方をきちんと比較した上で加入することをおすすめします。
    すでに共済保険に加入している人はお得かも?
    前述の通り、共済だからといって必ずしも安いとは言えないものの、個人賠償責任特約単体に注目してみると140~200円の月掛金で1~3億の個人賠償責任補償が付くことが分かります。
    もう一度、仙台在住の人が加入できる成人向けの共済プランを確認してみましょう。

    会社名基本となるプラン個人賠償責任特約月掛金賠責共済金額
    全労済傷害タイプ
    資料4

    会社名 基本となるプラン 個人賠償責任特約 月掛金 賠責共済金額
    全労済 傷害タイプ 個人賠償プラス 1,000+200円 1億円
    傷害Wタイプ+個人賠償プラス 1,800+200円
    コープ共済 《たすけあい》医療コースV1000円コース 個人賠償責任保険 1,000+140円 3億円
    《たすけあい》医療コースV2000円コース 2,000+140円
    《たすけあい》医療コースV4000円コース 4,000+140円
    《たすけあい》ベーシックコースR3000円コース 3,000+140円
    《たすけあい》ベーシックコースR4000円コース 4,000+140円
    宮城県民共済 総合保障1型 個人賠償責任保険 1,000+140円 3億円
    総合保障2型 2,000+140円
    総合保障4型 4,000+140円
    入院保障2型 2,000+140円
    総合保障1型+入院保障2型 3,000+140円
    総合保障2型+入院保障2型 4,000+140円

    改めてこの表をみてみると、すでに何らかの共済保険に加入している人は新たに自転車保険に加入するよりも、個人賠償責任特約を付ける方がお得といえるかもしれません。

    こども向けの共済もある?

    自転車を利用する未成年者は、親に自転車保険加入義務があります。
    そこでおすすめなのが各共済の「こども向けプラン」です。
    では、各共済のこども向けプランの月掛金と賠償責任補償をチェックしてみましょう。

    資料5

    会社名 基本となるプラン 個人賠償責任特約 月掛金 賠責共済金額
    全労済 こども保障タイプ 個人賠償責プラス 1,200+200円 1億円
    コープ共済 《たすけあい》ジュニア20コースJ1000円コース 個人賠償責任保険 1,000+140円 3億円
    《たすけあい》ジュニア20コースJ1900円コース 1,900+140円
    《たすけあい》ジュニア20コースJ2000円コース 2,000+140円
    宮城県民共済 こども1型 なし 1,000円 100万円
    こども2型 2,000円
    200万円

    全労済とコープ共済は大人向けプランと同様に個人賠償責任特約を付ける形ですが、県民共済だけは最初からセットされています。しかし、県民共済の共済金額はちょっと少なすぎる気もしますよね……。
    これなら「全労済とコープ共済から選ぶしかないの?」と思うかもしれませんが、高校や大学などで実施している共済にも自転車賠償責任保険等に該当するものがあるので、ぜひそちらも確認してみてくださいね!

    まとめ

    仙台市における自転車保険加入義務は、共済で果たせるのかという疑問について解説しました。
    仙台市では、共済でも「個人賠償責任補償特約」や「日常生活賠償特約」などの“相手のケガなどへの賠償に対する補償特約”が付いていればOKだと分かりました。

    しかし、もし安いというイメージで共済に決めようと考えているなら、自転車保険としては共済だからといって安いとは限らないのできちんと検討する必要があるでしょう。
    その際、共済保険に加入済みの人にとっては個人賠償責任特約はお得かもしれません。また、こども向けの場合は県民共済に注意するほか、学校で実施している共済も検討してみましょう。
    仙台市で自転車を利用する人は、共済と保険の両方をきちんと検討してくださいね!

    注意事項
    *1
    保険プラン比較表利用時の注意事項については、保険プラン比較表利用時の注意事項をご覧下さい。

    あなたにおすすめの記事

    セブンイレブンの自転車保険【セブンイレブンの自転車保険】口コミは?更新・解約方法も解説 保険会社一覧自転車保険会社一覧 いくら?特徴・注意点もまるわかり! 得する豆知識自転車保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】 自転車保険のおすすめ5選【2020年版】自転車保険比較の方程式のおすすめ5選!注意点は?家族で義務化に対応