【罰則なし!】香川県で自転車保険は加入努力義務!賠償責任保険に加入すべき?

香川県では、平成30年(2018年)4月1日に「香川県自転車の安全利用に関する条例」が施行されました。

これにより、自転車損害保険等への加入が努力義務となっています。

あなたや家族も努力義務の対象かも!?

香川県の自転車保険努力義務

香川県では努力義務!自転車保険の加入義務化

香川県は交通事故が多く、発生件数、死者数ともに全国ワースト上位となっています。

そんな中、2018年4月1日に施行した「香川県自転車の安全利用に関する条例」で、自転車損害保険等への加入が努力義務となりました。

その努力義務の対象者は、基本的には「自転車で香川県を走行するか」で決まります。

ポイント
・香川県に住んでいても、自転車に乗らない人に義務はない

・香川県に住んでいなくても、自転車で香川県を走行すれば対象

ただし、自分で加入していなくても、他の家族の保険によって、自分も補償対象となっていれば努力義務を果たしていることになります。

努力義務の対象者
  1. 県民(自転車利用者)
  2. 保護者(第12条第2項)
  3. 事業者(第12条第3項)
  4. 小売業者(第9条第4項)

義務の対象者と内容をチェック

それでは、誰に、どんな努力義務があるのか見てみましょう。

自転車利用者は加入努力義務

自転車に乗る人は、自分が被保険者となる自転車損害保険等に加入する努力義務があります。

第12条第1項
自転車利用者は、自転車損害保険等に加入するよう努めなければならない。

 香川県自転車の安全利用に関する条例より引用

自転車利用者の保護者は加入努力義務

未成年者の場合は、その保護者が未成年者を被保険者とする自転車損害保険等に加入する努力義務を負います。

第12条第2項
保護者は、その監護に係る未成年者が自転車を利用するときは、当該自転車の利用に係る自転車損害
保険等に加入するよう努めなければならない。

事業者は加入努力義務

業務で自転車を利用する企業の事業者は、従業員や利用者が被保険者となる自転車損害保険等への加入努力が求められます。

仮に従業員が個人で自転車保険に加入していても、勤務中の事故が補償対象外となることがあるので、こうした対応が必要になります。

第12条第3項
事業活動において従業者に自転車を利用させる者は、当該自転車の利用に係る自転車損害保険等に加入するよう努めなければならない。

小売業者は加入を勧める努力義務

小売業者には、自転車を買おうとしている人に自転車損害保険等への加入を勧める努力義務があります。

第9条第4項
自転車の小売を業とする者は、自転車を購入しようとする者に対し、当該自転車の利用に係る自転車
損害賠償保険等への加入を勧奨するよう努めるものとする。

【他の県とココが違う!】レンタサイクル等は自身で加入しよう

他県の多くはレンタサイクル業者(貸付け業者)に加入義務もしくは加入努力義務を課していますが、香川県はそうではありません。

香川県で自転車を借りる場合は、レンタサイクル業者に保険加入有無を確認し、必要な場合は自身で加入しましょう。

未加入時の罰則はあるの?

今日まで加入努力義務の対象になっていることに気付かず、この記事を読んで焦っている人もいるかもしれません。

もし未加入だった場合には、一体どのような罰則があるのでしょうか?

香川県では自転車損害保険等への加入が努力義務とされていますが、今のところ罰則は設けられていません(2020年3月現在)。

自転車保険は加入の捕捉が難しい

罰則がない主な理由は、保険に加入しているかどうかの確認が難しいからです。

加入努力義務の対象となるような補償は、自動車保険や火災保険のオプションとして加入している場合があります。

自分自身で加入していなくても親や配偶者が「家族プラン」に加入している場合もあるので、それぞれの保険加入を証明することは非常に困難なのです。

なお、これは香川県に限らず、すでに義務化や努力義務化されている都道府県についても同様に罰則規定は設けられていません。

このように、自転車保険の加入義務や加入努力義務を違反しても罰則はありませんが、だからといって加入しなくていい訳ではありません。

未加入の状態にはこんなリスクが!

自転車保険の加入義務や加入努力義務に罰則はないと説明しましたが、未加入の状態で自転車事故を起こしてしまったとしたら、どうなるのでしょうか?

実は、保険への加入が義務化または努力義務化されているにも関わらず、条例を違反した状態で事故にあった場合、裁判等で不利になる可能性があるのです。

そのうえ、高額な賠償金や被害者の治療費を自腹でまかなう必要があります。

こうしたリスクは誰にでもあります。

自転車保険は車などと比べて保険料が格安

最近はあらゆる会社が自転車保険を提供しており、自身のケガの補償を重視しないのであれば月々100円から損害賠償補償の付いた自転車保険に加入できます。

ほとんどの自転車保険は自転車事故だけでなく日常の事故の補償もしてくれるので、とくに義務化や努力義務化がスタートしている地域の人は早めに加入を検討しましょう!

安い自転車保険のおすすめ【安い自転車保険ランキング】家族で安く義務化に対応!おすすめプランを比較

義務化の対象になるかクイズで確認

ここまでの説明でしっかり理解できたかどうかクイズでチェックしてみましょう。

次の場合、どのような人が義務化の対象になるでしょうか。

香川県在住ではないものの、来年度から子どもが香川県内の高校に自転車で通う

保護者が自転車保険に加入するように努める必要がある

多くの高校性は未成年者なので、自ら保険に加入することはできません。そのため、子どもの代わりにその保護者に加入努力義務があると考えられます。

自転車で香川県内の大学に通う

年齢によって加入努力義務の対象が異なる

未成年者の場合は、先ほどの事例と同様の理由で保護者に加入努力義務があると考えられます。

一方、成年者の場合は自転車利用者に該当するため、自ら自転車損害保険等に加入する努力義務があります。

業務の中で自転車を利用する

事業者に加入努力義務がある

業務で自転車を利用する場合、事業者(会社)側が自転車損害保険等への加入の努力義務を負います。

自転車をレンタルして、国営讃岐まんのう公園(香川県)へサイクリングをする

レンタル自転車を利用する場合は、自身に加入努力義務がある

レンタル自転車を利用する場合は、自身に加入努力義務があります。

もしものリスクに備えて自転車保険に加入しよう

ここまで香川県の自転車損害保険等への加入の努力義務対象者について解説しました。

香川県はとくに自転車事故が多く、発生件数は全国ワースト9位、死者数は全国ワースト2位となっています。

現時点では未加入でも罰則は設けられていませんが、自分が被害者になった時、あるいは加害者になった時を想定して必ず加入しておきましょう。

あなたと家族を守るためにも、ぜひ自分にあった自転車保険を選んでくださいね!

自転車保険のおすすめ5選【2020年版】自転車保険比較の方程式のおすすめ5選!注意点は?家族で義務化に対応 子供の自転車保険に県民共済はアリ?プラス月140円の個人賠償責任保険がお得 得する豆知識自転車保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】