ママチャリに乗ってる人でも自転車保険は入るべき?おすすめの自転車保険は?

近年、加入が推奨されている「自転車保険」。
地域によっては条例によって加入が義務化されるところもあり自転車保険の重要性が高まってきています。
これまではそこまで必要性が訴えられることがなかった自転車保険ですが、自転車事故による高額な賠償金などの事例から加入が求められています。
しかし、普段ママチャリで買い物などの日常的な移動しかしない人に自転車保険は必要なのでしょうか。
答えは【必要】です。今回はママチャリ利用者でも自転車保険に加入した方がいい理由やおすすめの自転車保険を紹介していきます。

ママチャリでも自転車保険に加入した方がいい理由

結論から言ってしまえば、ママチャリに乗っている人でも自転車保険に加入した方がいいです。
自転車保険の主な役割としては、自転車事故を起こした際の被害者に対して支払う賠償金の補償、自転車事故に遭って入院や通院などが必要になった際の治療費の補償が挙げられます。
ママチャリだと近所を走る程度で、スピードも出ないというイメージがありますが、ぶつかった時の衝撃で転倒してしまう人がいる以上、上記のようなリスクは避けられません。

ママチャリでも人を殺してしまう可能性がある!

ママチャリでは通常時速10〜15kmぐらいでゆっくりと走るのが通常です。
ロードバイクやクロスバイクのように速く走るために設計されているわけではないので、普通に走ってスピードが出過ぎるというわけではありません。
しかし、ママチャリとは言っても下り坂をブレーキをかけずに走ればスクーター並みのスピードが出ます。
そのようなスピードで歩行者と衝突すれば大ケガにつながりますし、最悪の場合死亡事故になってしまうでしょう。
また、スピードの出過ぎに注意すればいいというわけではありません。ゆっくり走っていても死亡事故が起きるケースは往々にして考えられます。
自転車と歩行者がぶつかった場合、たとえ自転車による衝撃が小さかったとしても、それによって歩行者が転倒し、頭などをぶつけて死んでしまう可能性もあります。
最近だと「ながらスマホ」で走っていた自転車が歩行者と衝突し死亡させたというニュースも話題になりました。
その際の自転車のスピードはわずか時速9kmという低速でした。
これぐらいのスピードでもママチャリ事故によって相手を死亡させてしまうリスクがあるわけですから、ママチャリとはいっても安心できません。

転倒などによるケガのリスクもある!

自転車保険では乗車中に生じたケガの治療費も保険内容に含まれている商品が多くあります。
自転車で転んでケガをするというのは、スポーツバイクに乗っている人だけというイメージもありますが、ママチャリに乗っている人でもケガをする可能性は大いにあります
ママチャリとはいっても、ちょっとした段差や濡れて滑りやすくなった路面によって転倒することはあります。
自転車で転んだ際には、硬いアスファルトに体が打ち付けられるわけですから、骨折などのケガに繋がります。
「ママチャリだから大丈夫」ではなく、「ママチャリだからこそ」転んでケガをしたときのために自転車保険が必要なのです。

ママチャリにおすすめな自転車保険の選び方は?

それではママチャリに乗っている人がどのような自転車保険に加入すればいいのかについて解説します。
自転車保険を見るときには主に「個人賠償責任補償」と「傷害補償」の2つの金額に注目します。
この2つを軸に保険料などとのバランスを考慮しながら選んでいくといいでしょう。
また、自転車保険にはその他にも「ロードサービス」や「盗難補償」といった機能が付帯したものがありますが、ママチャリではあまり重視する必要はないのではないでしょうか。
では、自転車保険を選ぶ上で重要な「個人賠償責任補償」と「傷害補償」の2つを詳しくみていきましょう。

個人賠償責任補償

「個人賠償責任補償」は、自転車事故によって相手をケガさせた場合に発生する賠償金を補償してくれるものです。
自転車事故によって相手を死亡させてしまった際には、数千万円という賠償金が請求されることもあり、自力で支払うのはほぼ不可能です。
そういった不測の事態にも対応できるだけの補償額を支払ってくれるの自転車保険を選びましょう。
目安としては「1億円以上」がおすすめです。自転車保険によっては補償額が2億円、3億円と高額なものもありますが、とりあえずは過去の事例に基づいて補償額が1億円以上は欲しいところです。

傷害補償

「傷害補償」は、自転車事故によって自分がケガをした場合に発生する治療費などを補償してくれるものです。
これにはケースごとに補償額が設定されていることが多いです。例えば、事故による「死亡・後遺障害」によって支払われる保険金や、入院・通院日数に応じて支払われる保険金、その他手術費用が発生した場合などが挙げられます。
補償額の目安としては以下の調査から判断できます。

100人中 日額治療費平均 合計治療費平均
通院 93人 3,078円 17,597円
入院 9人
(自己負担5人)
6,440円 54,000円
手術 7人
(自己負担5人)
36,250円 36,250円

こちらの調査結果を見ると、通院による平均治療費は日額3000円程度、入院だと日額6000円程度となっています。これを1つの参考にして自転車保険を選んでみると良いでしょう。
全額保険によって賄うことができなくても、自転車保険によって負担額を大きく下げることができます。
医療保険などに別で入っていれば問題ありませんが、もしも入っていない時には自転車保険を選ぶときには通院、入院、手術などを補償してくれる保険の加入を検討しましょう。

ママチャリに乗る人におすすめの自転車保険を紹介!

ここからはママチャリに乗っている人におすすめの自転車保険を紹介していきます。
保険比較の方程式では、2,000人にアンケートを実施しました。
賠償金額と補償タイプを選んでもらい、その中でもっとも加入したい保険プランを選んでもらいました。
今回は、家族型でもっとも人気が高かった「①賠償補償1億円超②通院・入院・手術補償」タイプから人気の保険ランキングを見ていきましょう。
このタイプは、ママチャリに乗る人におすすめの保険タイプである点にも注目です。

第1位 三井住友海上
『@さいくる Aコース』(家族型)

  • 年払い保険料13,980円
  • 通院日額1,000円
  • 入院日額6,000円
  • 手術最大60,000円
    (入院時以外)最大30,000円
  • 賠償保険金額3億円
  • 補償対象者に配偶者も含まれる


第2位 au損保
『Bycle シルバー
(本人・親族型)』

  • 一時払い保険料年額11,910円
  • 月払いも可(月額1,090円)
  • 通院日額1,000円
  • 入院日額6,000円
  • 手術最大60,000円
    (入院時以外)最大30,000円
  • 自転車事故の場合、上記の通院・入院・手術補償額がすべて2倍
  • 賠償保険金額3億円
  • ロードサービス 50㎞迄、年4回迄


第3位 『@さいくる Aコース
(本人・親族型)』

  • 年払い保険料11,230円
  • 条件に該当する10プラン中最安!
  • 通院日額1,000円
  • 入院日額6,000円
  • 手術最大60,000円
    (入院時以外)最大30,000円
  • 賠償保険金額3億円
  • 補償対象者に配偶者も含まれる

三井住友海上の『@さいくる Aコース(家族型)』が第1位に選ばれています。
配偶者を含め家族みんなを補償対象にしたい、なおかつ加入のための金額はなるべく抑えたい(13,980円)というニーズに応えた保険と言えるでしょう。
第2位と第3位には配偶者を対象に含まない「本人・親族型」がランクインしています。
これは「夫婦のうち1人しか自転車には乗らない、でも子どもは補償対象に含めたい!」という家庭におすすめのタイプです。
※本人・親族型の場合、配偶者は補償対象外
夫婦や本人の人気ランキングについては下記のページをご覧ください。
夫婦型の自転車保険ランキング!夫婦が実際に欲しがったおすすめプランとは? 【本人向け】自転車保険カテゴリー人気ランキング!補償と保険料どっちを重視?

ママチャリの自転車保険まとめ

ママチャリに自転車保険が必要な理由とおすすめの自転車保険を紹介しました。
自転車事故はいつ起きるかわからないものです。もしものときに備えて、しっかり対応できるような自転車保険に加入しておきましょう。
ママチャリの方は以下のポイントを覚えて自転車保険をみてください。
・個人賠償責任補償:相手にケガをさせたときに発生する賠償金を補償
・傷害補償:自分がケガをしたときに発生する治療費を補償
この2つのポイントを抑えて自転車保険に加入の検討をしてみましょう。
自転車保険選びに迷ったら、「①賠償補償1億円超②通院・入院・手術補償」タイプがおすすめのタイプです。家族型・夫婦型・本人型それぞれの人気保険ランキングをぜひ参考にして下さいね。
家族型の自転車保険ランキング!重視するのは補償?保険料? 夫婦型の自転車保険ランキング!夫婦が実際に欲しがったおすすめプランとは? 【本人向け】自転車保険カテゴリー人気ランキング!補償と保険料どっちを重視?

注意事項
*1
保険プラン比較表利用時の注意事項については、保険プラン比較表利用時の注意事項をご覧下さい。

あなたにおすすめの記事

【セブンイレブンの自転車保険】口コミは?更新・解約方法も解説 <楽天自転車保険>隠れた注意点?かんたん加入で保険料は月々220円から 自転車保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】 【2020年版】自転車保険比較の方程式のおすすめ5選!注意点は?家族で義務化に対応