自転車保険での示談交渉を解説!示談代行特約と弁護士費用特約が付いたau損保がおすすめ

交通事故にあった時、実際の出費以上に苦痛なのが事故の相手との示談交渉です。
自転車保険の中には、自動車保険と同様に「示談交渉代行サービス」が付いたものが多くあります。
今回は示談交渉代行サービスや法律相談費用や弁護士費用等の補償について見ていきます。

示談代行特約が付いた保険に加入したい

示談とは、当事者同士の合意で争いを解決すること

「示談」という言葉自体は聞いたことはあるかもしれませんが、その意味や詳しい内容まで知っている人はけっして多くはないでしょう。
自転車保険の示談代行特約を利用する上で、まずは示談とは何かを知っておかなければなりません。
示談とは、簡単にいうと「裁判ではなく、当事者同士の話合いと合意によって争いを解決すること」です。
具体的には、

  • 示談金の決定
  • 示談書の作成(示談書:示談の内容を明確に記述したもの)

上記2点を行うことをいいます。
しかし、実際に当事者同士で示談をしようとすると感情的になったり、知識不足によって示談がまとまらなかったりと、様々なトラブルが発生します。
そんなときに保険会社が代わりに相手と示談をしてくれる特約こそ「示談代行特約」です。
特約というと後から追加するイメージですが、示談交渉代行サービスはほとんどの自転車保険に最初からついています。

要注意!事故の被害者は示談代行特約が利用できない

示談交渉代行サービスには大きな落とし穴があります。
このサービスは自分が加害者になった場合にしか利用できないということです。
例えば、信号無視の車に衝突されたなど、自分が一方的な被害者となった場合には利用することができません。
もし自分が被害者になった場合に示談を代行してほしいなら、自分で弁護士に依頼するしかないのです。

もしもに備えるなら弁護士費用補償や法律相談費用も検討しよう

自分が被害者となった場合や交渉代行サービスを使っても示談がまとまらなかった場合、弁護士を通じて相手方と交渉したり民事訴訟を起こすということが一般的です。
しかし、ただでさえ事故で困っているときに、自分で弁護士をつけるとなると、料金面など新たな心配が増えてしまいます。
そこで注目したいのが「弁護士費用特約」です。弁護士費用特約を付けると、弁護士に依頼をした場合の費用を負担してくれます。
事故の交渉がどうしても苦手という人は

  • 示談交渉代行サービス
  • 法律相談費用・弁護士費用等補償

上記の両方のついた保険プランに入ると良いでしょう。
現状では、示談代行特約と弁護士費用特約の両方が付いているのは、au損保の「Bycle」シリーズのゴールドプランやあいおいニッセイのタフ・ケガの保険「自転車プラン」など数えるほどしかありません。
では、au損保の2つのプランをまとめた資料をご覧ください。

【資料1】

 

会社 プラン名 タイプ 保険料(月払い)
単位:円
弁護士費用特約
補償限度額
単位:円
au損保 Bycle ゴールド 本人タイプ 1,130 300万
本人・親族タイプ 1,680 300万
家族タイプ 2,010 300万
Bycle Best ゴールド 本人タイプ 2,260 300万
本人・親族タイプ 4,990 300万
家族タイプ 6,280 300万

この他にもau損保では、高齢者向けのBycle Sや、リーズナブルな「けがの保険 交通事故」のゴールドプランで弁護士費用等の補償を受けることができます。
詳しくはこちらのコラムをご覧ください。
au損保の自転車保険【au損保の自転車保険】はロードサービスつき!口コミは?更新や解約方法は? あいおいニッセイのタフ・ケガの保険「自転車プラン」についてはこちらのコラムをご覧ください。
あいおい損保の自転車保険【あいおいニッセイの自転車保険】評判は?タフケガの保険は補償充実も注意点あり

逆に、ほとんどの自転車保険は示談代行特約が付いている

弁護士費用特約が付いた保険は2つしかないと説明しましたが、示談代行特約に限っていえば、ほとんどの自転車保険に付いているのです。
現状で示談代行特約が付いていないのは、東京海上日動の「eサイクル保険 個人賠償責任補償なしプラン」のみです。(2019年9月現在、当サイト調べ)

【資料2】

 

会社 プラン名 タイプ 保険料(月払い)
東京海上日動 eサイクル保険
個人賠償責任補償なしプラン
本人型 200
夫婦型 330
家族型 540

つまり、示談代行特約がほしい場合はこのプランだけ避けるようにすればOKでしょう。
(保険に加入の際は、必ず希望する特約が付いているかご自身で確認をお願い致します。)
東京海上日動の自転車保険注意点もあり!東京海上日動火災保険の自転車保険の特徴・まとめ

示談交渉のポイントはその場で取り決めをしないこと

示談代行特約や弁護士費用特約を付けていても、いざ事故が起きたら慌てて冷静な対応ができないこともあるでしょう。
ここからは、実際に事故が起きたときにどのような対応をとればよいかを解説していきます!
※なお、ここでは示談代行特約が付いた自転車保険に加入していることを前提とします。

その場で話を進めてはいけない!

実際に自転車事故が起きてしまった際に1番やってはいけないことは、その場で当人同士で話し合い、損害賠償責任を認めてしまうことです。
なぜなら、保険会社に連絡する前に損害賠償責任を認めてしまうと、保険金がおりない場合があるからです。
相手に何を言われても、その場で話を進めてはいけません。まずは保険会社と警察に連絡し、その後は保険会社の指示に従いましょう。

示談交渉特約のだけでなく、弁護士費用特約の自転車保険も検討しよう|まとめ

自転車保険で示談交渉に備える方法をご紹介しました。最後に、もう一度要点をまとめておきましょう。

  • 自分が加害者の場合に利用できるのが「示談代行特約」
  • 自分が被害者の場合に利用できるのが「弁護士費用特約」
  • 事故が起きたらけっしてその場で話を進めず、警察と保険会社に連絡した後は保険会社の指示に従うこと

自分が加害者及び被害者になったときに備えたいならau損保の「Bycle ゴールド」と「Bycle Best ゴールド」の2つに加入するのがおすすめです。
現在、自転車保険への加入を検討している人は、今一度、保険料や補償内容をチェックしてみてくださいね。
au損保の自転車保険【au損保の自転車保険】はロードサービスつき!口コミは?更新や解約方法は?

注意事項
*1
保険プラン比較表利用時の注意事項については、保険プラン比較表利用時の注意事項をご覧下さい。

あなたにおすすめの記事

自転車保険のおすすめ5選【2020年版】自転車保険比較の方程式のおすすめ5選!注意点は?家族で義務化に対応 東京の自転車保険加入義務化【東京都の自転車保険義務化】罰則や背景は?条例施行はいつから? 保険会社一覧自転車保険会社一覧 いくら?特徴・注意点もまるわかり! 得する豆知識自転車保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】