自転車保険で即日補償が始まるのは3社!コンビニ系の自転車保険は翌日から

全国で急速な加入義務化が進んでいる自転車保険。場合によっては、急遽加入しなくてはならないこともあるでしょう。

そこで今回は、加入当日から補償が開始する自転車保険をまとめてご紹介します。注意すべきはコンビニから加入できる自転車保険なのだとか…?


そんなに多くない⁉即日補償を受けられる自転車保険

加入したその日から補償を受けられる自転車保険は、そこまで多くはありません。即日補償が開始する自転車保険を提供する会社は、
・サイクルベースあさひ
・au損保
・ジャパン少短&あいおいニッセイ
上記3社であることがわかりました。
この3つの会社はさまざまな保険プランを展開しており、大まかに会社ごとの特徴があります。それぞれの会社が提供するプランと、補償開始のタイミングを確認してみましょう。

ブランド プラン 補償開始のタイミング
サイクルベースあさひ CYCLE PARTNER 契約の申込と決済が完了し、に「お申込み完了」画面が表示されること
au損保 Bycle ブロンズ 契約の申込と決済が完了し、に「お申込み完了」画面が表示されること
シルバー
ゴールド
Bycle Best ブロンズ
シルバー
ゴールド
ジャパン少短
&
あいおいニッセイ
ちゃりぽ あんしんプラン 入金した時点から開始。(クレジットカード払は決済完了時点、コンビニ払、銀行振込は入金完了時点から)
もっとあんしんプラン
1億あんしんプラン
1億もっとあんしんプラン
家族あんしんプラン
家族もっとあんしんプラン

ここからは、さっそく各プランの特徴と注意点を解説していきたいと思います!

各プランの特徴と注意点

「CYCLE PARTNER」は、保険料は安いがケガの補償が弱め

加入したその日から補償を受けられる自転車保険って、どれなんだろう…。

おお、アイちゃん。どうしたんじゃ?
博士!全国で自転車保険が義務化されているから、私も早く自転車保険に入ろうと思って。

それは良いことじゃな!
でも、すぐに補償が開始される自転車保険が少なくって…。

そういうことなら、わしに任せなさい!

まずは、サイクルベースあさひの自転車保険「CYCLE PARTNER」から紹介しよう!
あさひって私の家の近くにもあります!自転車保険があるんだ~!

「CYCLE PARTNER」の保険料と補償内容を資料でチェックするのじゃ!
ブランド プラン タイプ 保険料
(月額)
保険料
(年額)
個人賠償
責任補償
通院補償
(日額)
入院補償
(日額)
手術補償 死亡・
後遺障害補償
示談代行
サービス
弁護士
費用補償
入院中 入院以外
サイクルベースあさひ CYCLE PARTNER 本人 170円 1,900円 2億円 2,000円 250万円
家族 240円 2,500円
保険料が月々たったの170円⁉こんなに安いの~⁉

驚くのも無理はないわい。「CYCLE PARTNER」の最大の特徴は、なんといっても保険料の安さなのじゃ!
本人型の場合は月々たったの170円、家族型でも240円なんですね!

そのうえ、個人賠償責任補償は2億円もあるんじゃ!
補償もバッチリ!これなら安心ですね!

しかし、ケガの補償が薄い点には注意が必要じゃ…。
本当だ…。通院補償と手術補償は付かないんですね。

つまり、サイクルベースあさひの自転車保険「CYCLE PARTNER」は、保険料は安いがケガの補償が弱めということになるのぉ。
サイクルベースあさひの自転車保険あさひの自転車保険は月々170円~の安さが魅力!でも、通院や入院は補償対象外?

「Bycle」「Bycle Best」は、保険料は高いが補償が手厚い

次は、au損保の自転車保険「Bycle」と「Bycle Best」をチェックしてみよう!
携帯電話でお馴染みのauですね!

保険料と補償内容は以下の通りじゃ!
 

ブランド プラン タイプ 保険料
(月額)
保険料
(年額)
個人賠償
責任補償
通院補償
(日額)
入院補償
(日額)
手術補償 死亡・
後遺障害補償
示談代行
サービス
弁護士
費用補償
入院中 入院以外
au損保 Bycle ブロンズ 本人 340円 3,790円 2億円 4,000円 4万円 2万円 250万円
本人・親族 570円 6,200円
家族 680円 7,440円
シルバー 本人 590円 6,410円 3億円 1,000円 6,000円 6万円 3万円 400万円
本人・親族 1,030円 11,300円
家族 1,280円 13,980円
ゴールド 本人 1,130円 12,300円 3億円 2,000円 6,000円 6万円 3万円 400万円 300万円
本人・親族 1,680円 18,470円
家族 2,010円 21,980円
Bycle Best ブロンズ 本人 780円 8,480円 2億円 4,000円 4万円 2万円 250万円
本人・親族 1,850円 20,060円
家族 2,300円 25,010円
シルバー 本人 1,470円 16,050円 3億円 1,000円 6,000円 6万円 3万円 400万円
本人・親族 3,620円 39,520円
家族 4,600円 50,260円
ゴールド 本人 2,260円 24,590円 3億円 2,000円 6,000円 6万円 3万円 400万円 300万円
本人・親族 4,990円 54,330円
家族 6,280円 68,440円

※オレンジで色付けされている補償は、自転車事故の場合に2倍になる

おぉ~、プランがいっぱいありますね!

正直に言うと、「Bycle」と「Bycle Best」は保険料がちと高めなのじゃ…。
たしかに、さっきのサイクルベースあさひの「CYCLE PARTNER」に比べると高いみたい…。

じゃが、その分補償はかなり手厚いんじゃよ!
それは嬉しい~!

とくにオレンジ色の補償は、自転車事故の場合だと補償額が2倍になるのじゃ!
自転車事故だと補償が2倍に⁉それはすごい!

また、ゴールドプランだと「弁護士費用補償」も付いてくるのじゃ。
「弁護士費用補償」って…?

アイちゃんは、自分が加害者の場合に利用できる「示談代行サービス」を知っておるかのぉ?
え~っと…。

「示談代行サービス」とは、本来は当事者同士の話合いと合意によって争いを解決する示談を、自分の代わりに保険会社がやってくれるサービスのことじゃ。
なるほど~。

このサービスは通常、自分が加害者になった場合にしか利用できないんじゃ。
え~!それなら、自分が被害者になった場合は自分で相手の保険会社や弁護士と交渉としないといけないってこと⁉

そうなるのぉ。そこで役立つのが「弁護士費用補償」じゃ!
うんうん。

「弁護士費用補償」は、自分が示談交渉をしなければいけない場合に弁護士を呼ぶ費用を補償してくれるものなんじゃ!
それ、保険とか交渉とかよくわからない私にとって、かなりありがたいかも!

まとめると、au損保の自転車保険「Bycle」と「Bycle Best」は、保険料は高いが補償が手厚いということじゃな。
au損保の自転車保険【au損保の自転車保険】はロードサービスつき!口コミは?更新や解約方法は?

「ちゃりぽ」は、他の2社の中間くらい

最後に紹介するのは、ジャパン小短とあいおいニッセイ同和損保の2社が引受保険会社となっている「ちゃりぽ」じゃ!
 

ブランド プラン タイプ 保険料
(月額)
保険料
(年額)
個人賠償
責任補償
通院補償
(日額)
入院補償
(日額)
手術補償 死亡・
後遺障害補償
示談代行
サービス
弁護士
費用補償
入院中 入院以外
ジャパン少短
&
あいおいニッセイ
ちゃりぽ あんしんプラン 本人 260円 2,900円 1,000万円 6,000円 300万円
もっとあんしんプラン 本人 370円 4,100円 1,000万円 1,000円 6,000円 300万円
1億あんしんプラン 本人 3,520円 1億円 6,000円 400万円
1億もっとあんしんプラン 本人 4,720円 1億円 1,000円 6,000円 400万円
家族あんしんプラン 家族 9,800円 1億円 6,000円 6万円 3万円 400万円
家族もっとあんしんプラン 家族 12,090円 1億円 1,000円 6,000円 6万円 3万円 400万円
「ちゃりぽ」も結構プランが多いですね~!

「ちゃりぽ」の特徴は、死亡・後遺障害補償が充実していることじゃ。
なになに~?死亡・後遺障害補償は300~400万円あるんですね!

しかし「あんしんぷらん」と「もっとあんしんぷらん」には注意点があるのじゃ…。
注意点って?

「あんしんぷらん」と「もっとあんしんぷらん」の個人賠償責任補償は、1,000万円しかないんじゃよ。
本当ですね。1,000万円じゃ心もとないかも…。

これらを考えると「ちゃりぽ」は先に紹介した2社の自転車保険のちょうど中間ぐらいといえるかのぉ。
ちゃりぽの自転車保険ちゃりぽ「自転車あんしん保険」は年齢制限なしプランも入院補償が充実!

コンビニ系自転車保険は即日ではなく“翌日”から

博士、1つ気になったんですけど…。

なんじゃ?何でも質問してくれぃ。
手軽に加入できるコンビニの自転車保険って、即日補償を受けられそうなイメージがあるんですけど…実際どうなんですか?

よ、よくぞ聞いてくれた!!
(博士のテンションが上がった…汗)

店頭の端末を操作し、レジで支払いを済ませることでその場で保険に加入できる自転車保険。じゃがな…
うんうん。

「コンビニ系自転車保険」と呼ばれるセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの自転車保険は、じつは保険開始日の前日までの申込みになっているんじゃよ。
ん?保険開始日の前日までってことは…

つまり、加入した日を保険開始日にすることはできないのじゃ。
そうなんですね…。手軽に加入できるから、てっきり補償も即日OK!…って感じだと思っていました…。

最短で次の日から補償が受けられるぞ。
コンビニ系自転車保険は“翌日”からなのかぁ…。覚えておこうっと!

コンビニの自転車保険比較大手コンビニ3社の自転車保険を比較!それぞれどんな人におすすめ?注意点は? 即日で補償を受けられる自転車保険は3社で、コンビニ系は翌日から!
保険に加入したその日から補償を受けられる自転車保険をご紹介しました。
手軽に加入できるコンビニ系の自転車保険は、即日ではなく翌日から補償が開始されるので注意が必要です。できれば余裕をもって自転車保険に加入したいですね!

あなたにおすすめの記事

安い自転車保険のおすすめ【安い自転車保険ランキング】家族で安く義務化に対応!おすすめプランを比較 保険会社一覧自転車保険会社一覧 いくら?特徴・注意点もまるわかり! 楽天と東京海上日動の自転車保険を比較【自転車保険対決】楽天と東京海上の違いを徹底比較!どっちがおすすめ? 楽天とセブンイレブンの自転車保険比較【自転車保険対決】楽天とセブンイレブンの違いを徹底比較!どっちがおすすめ? 自転車保険のおすすめ5選【2020年版】自転車保険比較の方程式のおすすめ5選!注意点は?家族で義務化に対応