あさひの自転車保険は月々170円~の安さが魅力!でも、通院や入院は補償対象外?

自転車店といえば、『サイクルベースあさひ』を思い浮かべる人も多いですよね。今回は、そんな大手自転車店あさひの自転車保険のプラン『サイクルメイト』と『サイクルパートナー』という、2種類の自転車保険について、分かりやすく解説したいと思います!

「サイクルメイト」

【特徴】
・盗難
・傷害補償や無料点検など自転車生活をトータルにサポート
・自転車保険付き
【注意点】
・加入対象はあさひで自転車を購入した人のみ
・サービスは3年まで
・通院手術の補償が付かない
・保険金が少なめ
・自転車保険は1年ごとに継続料が500円かかる

「サイクルパートナー」

【特徴】
・他社の自転車保険と比べて保険料が安い
・賠償責任の過去最高事例の金額をカバー
【注意点】
・通院と手術の補償が付かない
・本人タイプは個人賠償責任保険が被保険者本人にしか付かない

あさひの自転車保険は「最低限の補償で保険料を安くしたい」人におすすめ!

今回は「サイクルベースあさひ」の自転車保険について解説するぞ。
あさひって私の家の近くにもあります!大きい会社なんですか?

うむ、あさひは全国に472店舗を構える日本最大級の自転車店なんじゃ!
そんなに大きい会社だったんだ~!それで、あさひの自転車保険はどんな人におすすめなんですか?

ズバリ、あさひの自転車保険は「最低限の補償で保険料を安くしたい」人におすすめじゃ!
保険料が安いのは助かります!

ここからは、なぜそんな結果になったか順を追って説明するぞ!

あさひには「保証サービス」と「自転車保険」の2種類のプランが存在する!?

まずはじめに、アイちゃん覚えておいてほしいことがあるのじゃ。
覚えておいてほしいこと……?

それは、あさひには「サイクルメイト」と「サイクルパートナー」の2種類のプランがあるということじゃ!
「サイクルメイト」と「サイクルパートナー」……?名前は似ているけど、一体どこがどう違うんですか?

うむ。ここから、それぞれのプランについて1つずつ説明していくぞ!

自転車総合保証サービス「サイクルメイト」

「サイクルメイト」は、盗難・傷害補償や無料点検など自転車生活をトータルにサポートしてくれる自転車総合保証サービスなんじゃ。
盗難補償に傷害補償……あと何でしたっけ??

無料点検じゃよ。この資料を見た方が分かりやすいかのぉ。

【資料1】

※表は横にスクロールできます。

特典 期間 内容
自転車盗難補償 3年間 自転車が盗難された場合、
以下のご負担金で新車を譲渡
購入自転車税込み価格に対して
1年目 20%
2〜3年目 40%
(電動アシスト自転車)
1〜3年目 20%
傷害補償
(青色のTSマーク
付帯保険)
1年間(賠償責任補償
と併せて500円税抜で継続可)
入院15日以上
・一律1万円
死亡・重度障害(1〜4級)
・一律30万円
賠償責任補償
(青色のTSマーク
付帯保険)
1年間(傷害補償
と併せて500円税抜で継続可)
死亡・重度障害(1〜7級)
・限度額1,000万円
防犯登録 10年間 加入料に防犯登録料が含まれている
無料点検 3年間 加入自転車を3年間いつでも無料で点検
修理工賃10%OFF 3年間 加入自転車は3年間10%割引で修理
出張引き取り
お届けサービス
3年間 加入自転車を自宅まで引き取りに伺い、
修理後自宅までお届け

【資料2】

 
※表は横にスクロールできます。

自転車本体価格
(税込)
0円~19,999円 20,000円~49,999円 50,000円~299,999円
ご加入料(税込) 3,000円 4,000円 5,000円


※障害等級については厚生労働省障害等級表を参考にしてください。
※その他の注意事項については、サイクルベースあさひのHPをご確認ください。

お~!いろんな特典が付いてるんですね!

そうなんじゃ。
とくに無料点検は普段から利用できるから嬉しい~!

そうじゃな。故障も防げるし、故障後もサポートされるんじゃ。
……あれ?

どうしたんじゃ?
サイクルメイトは自転車総合保証サービスでしたよね?

そうじゃが?
それなのに、自転車保険も付いているじゃないですか!サイクルメイトってすごく便利!

いいところに気がついたのぉ!その通り、サイクルメイトには日本交通管理技術協会の青色TSマーク付帯保険がついているんじゃ!
TSマーク付帯の自転車保険では不十分!ほとんどの事故では補償されない?
それなら、サイクルメイトひとつで補償も保険もバッチリですね!

それが、そうとは言い切れないんじゃよ。
え~?なんで?

青色TSマーク付帯保険は、1年ごとに継続料500円がかかるんじゃよ。
1年後からは毎年500円かかっちゃうんですね……。でも、1年で500円ならお安い御用!

あとな、サイクルメイトはあさひで自転車を購入した人だけが入れるんじゃよ。
え~!あさひで自転車を買ったときしか加入できないんて!じゃあ今乗ってる自転車では入れないんですね……。

そのうえサービスは3年で終わってしまうんじゃ。
メリットもあれば、デメリットもあるということですね……。

それともう1つ。後で説明するんじゃが、賠償責任補償がイマイチなところもあるから注意が必要じゃ。

自転車総合保証サービス
「サイクルメイト」のポイント

【特徴】
・盗難
・傷害補償や無料点検など自転車生活をトータルにサポート
・自転車保険付き
【注意点】
・加入対象はあさひで自転車を購入した人のみ
・サービスは3年まで
・通院手術の補償が付かない
・保険金が少なめ
・自転車保険は1年ごとに継続料が500円かかる

あさひオリジナル自転車保険「サイクルパートナー」

気を取り直して、次はあさひオリジナルの自転車保険「サイクルパートナー」を見ていくぞ!
資料をお願いしま~す!

おぉ、やる気満々じゃな。

【資料3】

タイプ 本人型 家族型
プラン名 サイクルパートナー サイクルパートナー
タイプ 本人型 家族型
月払保険料 170円 240円
年払保険料 1,920円 2,700円
通院(日額)
入院(日額) 2,000円 2,000円
手術(入院中)
手術(入院中以外)
賠償責任 2億円 2億円
死亡保険金・後遺障害 400万円 400万円
こっちは自転車保険のみなんですね!

そうなんじゃ。
しかも、さっきのサイクルメイトのTSマークは年間500円だったのに、こっちは最安でも1920円もします!

その通り。ただ、その分もしものときに支払われる保険金も多いじゃろ?
ん~と、博士。どこを見ればいいですか?

例えば、賠償責任の保険金を見てみるのじゃ。
あ、ホントだ!青色TSマークは1000万しか補償されないけど、サイクルパートナーは2億円も補償されるんですね!

そうじゃ、全然違うじゃろぉ。
入院も、青色TSマークは15日以上入院した場合は一律1万円だけど、サイクルパートナーは1日目から2000円もらえるみたい!

この通り、補償内容ではサイクルパートナーに分があるんじゃ。
うんうん!

保険料でみても、他の自転車保険と比べるとトップクラスで安いんじゃよ!
それは嬉しい!じゃあ、手厚い補償がほしいときはサイクルパートナーにした方がいいってことですね!

ただし、サイクルパートナーにも2つの注意点があるんじゃ。
え?なんですか?

じつは、サイクルパートナーには通院と手術の補償がないんじゃよ。
なるほど。それはちょっと不安かも……。でも、青色TSマークにもその保証はないですよね?

そうじゃな。
もし通院と手術の補償が欲しいなら、他社の自転車保険を選んだ方がいいかもしれませんね。

うむ。もう1つの注意点は、サイクルパートナーのタイプの欄を見てくれの。
なになに?「本人型」とか「家族型」とか、ですか?

そうじゃ。この本人型、個人賠償責任保険が被保険者本人にしか付かないんじゃ。
ん?本人型なんだから、個人賠償責任保険が本人にしか付かないのは当たり前じゃないんですか?

いやいや、じつは個人賠償責任保険の場合、被保険者本人以外に自動的に家族にも個人賠償責任保険が付帯される会社が多いんじゃよ。
そうなんですね!知らなかった~。

あさひのサイクルパートナーの本人型を選ぶ場合は、個人賠償責任保険が被保険者本人にしか付かないことに注意してくれの。

あさひオリジナル自転車保険
「サイクルパートナー」のポイント

【特徴】
・他社の自転車保険と比べて保険料が安い
・賠償責任の過去最高事例の金額をカバー
【注意点】
・通院と手術の補償が付かない
・本人タイプは個人賠償責任保険が被保険者本人にしか付かない

あさひの自転車保険を過去の事例と比べると……「サイクルパートナー」がおすすめ?

コホン。では、さっきの表の「賠償責任」の欄をもう一度見てみるのじゃ。
はい!サイクルメイトは限度額1,000万円、サイクルパートナーは2億円になっています!

自転車保険で重視したいのは、この賠償責任補償なんじゃ!
賠償責任補償って、保険に加入している人が被った損害を填補するものですよね?

その通りじゃ。
それって、2億円も必要なんですか?

じつはな、過去の自転車事故の判例で9,521万円という高額な賠償を命じられたケースがあるんじゃ。
9,521万円…!?そんなお金、私にはとうてい支払えません!どうしたらいいの!?

そんな万が一のときのために、賠償責任補償が重要になるんじゃよ!
そうか!それなら……サイクルメイトの賠償責任補償1,000万円じゃ全然足りない!

そうじゃな。ちと不安じゃのぉ。
その点、サイクルパートナーは2億円だから心強いですね!

う~む……。今後さらに高額な賠償命令が発生するかもしれんから、100%安心とは言い切れないかもしれんのぉ。
より高額な賠償命令か…。それを踏まえた上で自転車保険への加入を検討します!

それともう1つ、通院や入院、手術の補償も確認しておく必要があるぞ。
えっと、たしかサイクルパートナーには通院・手術補償が付かないんでしたよね?

そうなんじゃ。ここからは、当サイトが行った「自転車事故の治療費に関するアンケート」の結果を見ながら説明しようかのぉ。

【治療費に関する資料】

・自転車事故の治療費

100人中 日額治療費平均 合計治療費平均
通院 93人 3,078円 17,597円
入院 9人(自己負担5人) 6,440円 54,000円
手術 7人(自己負担5人) 36,250円 36,250円

※調査概要については*2を参照

この表を見ると、9割以上の人が平均3,000円の治療費がかかっていることがわかるじゃろ?
9割以上が平均3,000円の治療費かぁ。多いか少ないかは個人の感覚によりそうですね。

そうじゃな。この結果から通院・手術補償が必要だと思ったなら、他社の自転車保険を選んだ方がいいかもしれんのぉ。
唯一付いている入院補償も、サイクルパートナーの日額2,000円では不安……。

こういう場合は、サイクルパートナーと医療保険とを組み合わせるという手もあるぞ!
なるほど~!そういう手もあるんですね!

あさひの自転車保険は「最低限の補償で保険料を安くしたい」人におすすめ

サイクルベースあさひが提供する自転車保険について理解できたかのぉ?
はい!サイクルベースあさひには、自転車総合保証サービス「サイクルメイト」とあさひオリジナルの自転車保険「サイクルパートナー」の2つのプランがありました!

それぞれに魅力や注意点が異なるのじゃったのぉ?
サイクルメイトの魅力は、盗難・傷害補償や無料点検など自転車生活をトータルにサポートしてくれること!

サイクルベースあさひの自転車総合保証サービス「サイクルメイト」には、盗難補償や傷害補償、無料点検などさまざまなサポートが付いていましたね。

さらに、自転車保険まで付いています!

サイクルメイトには、日本交通管理技術協会の青色TSマーク付帯保険が付いています。

サイクルメイトの注意点は覚えておるかのぉ?
ん~と、そもそも加入できるのはあさひで自転車を購入した人だけ。あと、サービスは3年まででしたよね!

サイクルメイトの加入対象は、あさひで自転車を購入した人だけでしたね。ちなみに、サービスを受けられる期間は3年間です。

あと、自転車保険は1年ごとに500円の継続料が必要で、通院・手術の補償は付きません。

エクセレント!

サイクルメイトの青色TSマーク付帯保険は、1年ごとに継続料が500円かかります。また、通院・手術補償が付いておらず、保険金も少なめでしたね。

それじゃあ今度は、サイクルパートナーの魅力と注意点をおさらいしてみるぞ!
任せて!サイクルパートナーの魅力は、他社の自転車保険と比べて保険料が安いこと!

あさひオリジナルの自転車保険「サイクルパートナー」は、他社の自転車保険と比べてトップクラスで保険料が安くなっています。

賠償責任補償はどうじゃったかな?
過去最高事例の金額をカバーする2億円!

過去の自転車事故の判例では9,521万円という高額な賠償を命じられたケースがありましたが、その金額より1億円以上も上回っているので安心。

ただし、そんなサイクルパートナーにも注意点が2つあったのぉ。
注意したいのは通院・手術の補償が付かないことと、本人型の場合は個人賠償責任保険が被保険者本人にしか付かないことの2点!

サイクルパートナーには、通院・手術補償が付いていませんでしたね。
また、個人賠償責任保険の場合は被保険者本人以外に自動的に家族にも個人賠償責任保険が付帯される会社が多いですが、サイクルパートナーの「本人型」は個人賠償責任保険が被保険者本人にしか付きません。

最後に、自転車保険を選ぶうえで大事なことは何だと思うかね?
う~ん……。何だろう?

大事なのは、自転車保険の内容をしっかり理解したうえで、いろんな自転車保険を広く検討することじゃ!
そっか~!あさひの自転車保険だけじゃなく、いろんな会社の自転車保険も調べてみる必要がありそうですね!

その通りじゃ。
博士、いろいろ教えてくれてありがとうございました!