注意点もあり!東京海上日動火災保険の自転車保険の特徴・まとめ

昨今、全国で自転車保険への加入の義務化が進んでおり、各保険会社からさまざまな自転車保険が発売されています。サービスやプランが豊富なのは嬉しいものの、どの保険を選んだらいいのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、東京海上日動火災保険の自転車保険をご紹介します。すでに加入を検討している人も、再度補償内容をチェックしてみましょう!

自転車保険だけでなく、自動車保険や住まいの保険でおなじみの「東京海上日動火災保険」。
その知名度の高さから、東京海上日動火災保険の自転車保険への加入を検討している人も多いのではないでしょうか?
しかし、いくら有名な保険会社とはいっても、プランや補償内容を理解しないまま加入するのは心配ですよね。
加入してから「自分には合わなかった……」「欲しいサービスが付いていなかった……」と後悔するのは避けたいものです……。
そこで今回は、東京海上日動火災保険の自転車保険である「eサイクル保険」を徹底解説!
コースやプランはもちろん賠償責任金額に至るまで、わかりやすく解説したいと思います。

東京海上日動火災保険の自転車保険はこんな人におすすめ

『保険比較の方程式』の検証では、東京海上日動火災保険の自転車保険「eサイクル保険」は付帯サービスを充実させたい人におすすめできる結果となりました!
ではなぜ、このような結論に至ったのかその理由をご説明していきたいと思います。

「東京海上日動火災保険」は2つの日本初を持つ保険会社

東京海上日動火災保険株式会社の前身である東京海上保険会社は、日本初の保険会社として1879年8月1日に設立されました。
日本の本格的な株式会社の先駆け的な存在であった東京海上保険会社は、創業と同年に上海や香港など海外に18カ所もの代理店を設置。
翌年1880年にはロンドン・パリ・ニューヨークにも代理店を設置し、1884年2月には貨物保険だけでなく船舶保険の引き受けも開始しました。
このように、創業当初は貨物保険や船舶保険といった海上保険を主として手がけてきた東京海上保険会社でしたが、日本の産業の発展に伴って自動車保険・運送保険・火災保険分野へ進出することになります。
自転車保険の他には自動車保険が有名な東京海上日動火災保険株式会社は、じつは1914年に日本で初めて自動車保険の営業を開始した保険会社です。
つまり東京海上日動火災保険株式会社は、
・日本初の保険会社
・日本初の自動車保険の営業を開始した保険会社
上記のように、2つの日本初を持った歴史ある保険会社だとわかりました!

「eサイクル」の補償は手厚い?賠償責任金額は1億円

東京海上日動火災保険の自転車保険「eサイクル保険」の補償内容は、果たして本当に充分といえるのでしょうか。
東京海上日動火災保険の自転車保険「eサイクル保険」は、3コース×3プランから選ぶことができ、それぞれ
コース
・本人型
・夫婦型
・家族型
プラン
・Aプラン(充実プラン)
・Bプラン(スタンダードプラン)
・Cプラン(個人賠償責任なしプラン)
となっています。保険料・補償ともにA→B→Cの順に高い傾向を確認できます。

賠償責任補償は賠償金最高事例※1の1億円と同じくらい

まず、自転車保険をチェックする上で1番に確認したいのが「個人賠償責任補償」です。
その理由は、個人賠償責任補償のある保険に加入することを義務付けている自治体があることと、自転車事故で高額な賠償金が請求されるケースが出ていることの2つです。
過去の自転車事故の判例で賠償命令の最高額は9,521万円※1。頻繁に自転車を利用する方にとって他人事ではありません……。
以上のことを念頭に置いて改めて各プランの賠償責任補償を見てみると、AプランとBプランは“1億円”と過去最高額分※1はカバ―できているといえるものの、Cプランは“0円”。
個人賠償責任補償に関していえば、Cプランでは不安が残る結果となりました。
他に賠償責任補償がある保険に加入できていればいいのですが、この点は要確認です。
また、今後より高額な賠償命令が発生する可能性がないとは言い切れないので、それを踏まえた上で加入を検討するといいでしょう。

※1:2019年6月末現在の最高額。2013年7月4日神戸地裁による判決の事例。

傷害補償はプランでマチマチ

次は傷害補償について見てみましょう。もし自転車事故を起こしてしまった場合、ケガをしてしまうこともあります。
その場合、自転車保険に加入していたのにも関わらずケガによる通院・入院・手術の補償が受けられないとなると、自身にかかる負担が大きくなってしまいますよね。
通院・入院・手術の必要が出た場合、果たして東京海上日動火災保険の自転車保険「eサイクル保険」に加入することは納得のいくものとなるのでしょうか。
そこで今回、参考までに当サイトが行った「自転車事故の治療費に関するアンケート」の結果を見てみましょう。

※横にスクロールできます。

100人中 日額治療費平均 合計治療費平均
通院 93人 3,078円 17,597円
入院 9人(自己負担5人) 6,440円 54,000円
手術 7人(自己負担5人) 36,250円 36,250円

アンケート結果を見ると、自転車による事故で通院をした人は平均3,078円の治療費が発生していることがわかります。また入院が平均6,440円、手術が平均36,250円となっています。
これを踏まえた上で東京海上日動火災保険の自転車保険「eサイクル保険」を見てみると、

※横にスクロールできます。

プラン名 Aプラン(充実プラン) Bプラン(スタンダードプラン) Cプラン(個人賠償責任なしプラン)
タイプ 本人型 夫婦型 家族型 本人型 夫婦型 家族型 本人型 夫婦型 家族型
契約概要 契約概要
月払保険料 480円 690円 1,040円 350円 480円 690円 200円 330円 540円
年払保険料 5,600円 8,030円 12,030円 4,060円 5,520円 7,920円 2,290円 3,750円 6,150円
通院
(日額)
入院
(日額)
5,000円 3,000円 3,000円
手術
(入院中)
50,000円 30,000円 30,000円
手術
(入院中以外)
25,000円 15,000円 15,000円
賠償責任 1億円 1億円
死亡保険金・後遺障害 500万円 300万円 300万円

●通院補償
 ・どのプランも0円
●入院補償
 ・どのプランも平均を下回っている
 ・Aプランは平均を少し下回るぐらい
●手術補償
 ・入院を伴う手術補償
  ・Aプランのみ平均を越えている
  ・B、Cプランは平均を少し下回っている
●それ以外の手術補償
  ・どのプランも平均を下回っている
以上より、傷害補償においてはどのプランも心もとなく感じますね。
そのため「通院・入院・手術の補償をしっかり受けたい」と思った方は、医療保険との併用を検討した方がいいかもしれません。

付帯サービスが豊富

東京海上日動火災保険の自転車保険「eサイクル保険」の補償内容は、コースやプランによっては不安がぬぐい切れないものもありました。
しかし、だからといっておすすめできないということではありません。
じつは、eサイクル保険には他の自転車保険にはあまり見られない以下のようなサービスを付帯しているのです!
では、それぞれの付帯サービスをチェックしてみましょう。

●各種医療相談サービス「メディカルアシスト」

※横にスクロールできます。

サポート名 サポート内容
緊急医療
相談
突然のケガや病気でどうしたらいいのか分からない
ときに現役の救急専門医が相談に応じてくれる
予約制
専門医相談
専門医に治療法などを相談できる
医療機関
案内
旅行先などの土地勘のない場所で病気やケガを
した際に最寄りの病院を教えてくれる
転院・患者移送手配 出張などで自宅から離れている場所で入院を
した際、後で自宅近くの病院に転院するときの手配をしてくれる
がん専用
相談
検査結果を聞いたが専門用語が
難しくてあまり理解できなかったときなどに相談に応じてくれる

緊急医療相談、予約制専門医相談、医療機関案内、転院・患者移送手配、がん専用相談窓口が設置されているので、電話1本で専門医に相談できます。
●24時間365日受付
予約制専門医相談は事前予約が必要なものの、その他のメディカルアシストは24時間365日対応。
●法律・税務・社会保険に関する相談サービス「デイリーサポート」
法律・税務・社会保険に関する電話でのや暮らしのインフォメーション等、役立つ情報を提供。
●高齢者の生活支援や介護に関する相談サービス「介護アシスト」
電話にて高齢者の方の生活支援や介護に関する相談に応じ、優待条件で利用できる各種サービスを紹介。
●個人賠償責任(示談交渉サービス付帯)
自転車による事故をはじめ、日常生活で他人にケガをさせたり、他人の物を壊してしまったときや、借りている物を壊したり盗まれたりしたため、法律上の損害賠償責任を負ったときに1事故について保険金額を限度に支払い。
上記5つが付くことです。東京海上日動火災保険の自転車保険「eサイクル保険」の3コース×3プランは、自動更新されるので更新の手続きが不要なこともポイントといえるでしょう。
ここで注意点
満期日における保険の対象となる本人の年齢が70歳を超える場合は、更新後の内容は以下の通りとなります。
後遺障害保険金については、支払いの対象が「後遺障害等級表」の第3級以上の支払割合となる後遺障害に限定される。 (「後遺障害等級限定補償特約」が自動セットされる。)
入院保険金については、入院保険金支払限度日数が30日、入院・手術保険金対象日数が180日となる。
保険加入検討時には細かい点もよく確認をして入る様にしましょう。

東京海上日動火災保険の「eサイクル保険」は充実した付帯サービスが欲しい人におすすめ!

東京海上日動火災保険の「eサイクル保険」は、充実した付帯サービスが欲しい人におすすめです。
24時間365日、各種医療相談できるサービスが受けられるのは東京海上日動火災保険の「eサイクル保険」ならでは。
他の保険会社ではなかなか見られない、めずらしいサービスです。
では最後に、東京海上日動火災保険の「eサイクル保険」はどんな人におすすめなのか、今一度まとめておきましょう。
東京海上日動火災保険の「eサイクル保険」がおすすめなのはこんな人!

  1. 豊富なコースやプランから選びたい人
  2. 自転車事故に限定されない総合的な医療相談サービスを付けたい人
  3. 個人賠償責任補償が他の保険等(火災保険など)によって補償されている人(すでに補償されている人は2重に保険をかけることになってしまうため)
  4. 傷害補償が他の保険等(医療保険など)によって補償されている人(傷害補償は全体的に平均を越えていないため)

もし契約を更新しない場合は、満期日までに申し出る必要があります。
申し出がなければ原則自動更新されるので、更新時期に関しては注意して確認しておきましょう。
加入前に補償内容をしっかり確認してから、ご自身に合った自転車保険を選んでくださいね!

※注意事項
*1
保険プラン比較表利用時の注意事項については、保険プラン比較表利用時の注意事項をご覧下さい。
*2
今回のアンケートの詳細については、インターネットを利用したWEBアンケート調査をご覧下さい。

注意事項
*1
保険プラン比較表利用時の注意事項については、保険プラン比較表利用時の注意事項をご覧下さい。
*2
今回のアンケートの詳細については、インターネットを利用したWEBアンケート調査をご覧下さい。

あなたにおすすめの記事

セブンイレブンの自転車保険【セブンイレブンの自転車保険】口コミは?更新・解約方法も解説 保険会社一覧自転車保険会社一覧 いくら?特徴・注意点もまるわかり! 得する豆知識自転車保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】 自転車保険のおすすめ5選【2020年版】自転車保険比較の方程式のおすすめ5選!注意点は?家族で義務化に対応

東京海上日動火災保険の自転車保険の口コミは?

たけらさんの口コミ
神奈川県20代・女性・会社員 ロードバイク eサイクル保険
総合評価
(3.0)
利用したことがないから。ただ、契約時から担当してくれている人は信頼できるので、なにかあったときはすぐに力になってくれると思う。
保険料
(3.0)
月額数百円で安心して自転車に乗ることができる一方で、もっと安い保険会社もありそうだから。また、自転車による人身事故のニュースを見るたびに保険の必要性は強く感じるが、安全運転を日頃から心がけているので、この保険を利用することは果たしてあるだろうか、と思うこともあるから。
補償の手厚さ
(3.0)
契約している補償内容に他社との違いがほとんどないため。また、内容や保証金額について特別感も不満も感じないから。
保険会社の対応
(3.0)
利用したことがないのでわからない。契約についても生命保険を担当してくれている方が手配してくれたので特に不満はない。
支払いの満足度
(3.0)
利用したことがないのでわからない。契約についても生命保険を担当してくれている方が手配してくれたので特に不満はない。仮に自転車に乗っていて他人にけがをさせてしまってもきちんと対応してもらえると思うが、手続きについてはよくわからない。
友人・知人へのおすすめ
(3.0)
特に思い入れもなく、利用したこともないから。また、別の設問でも答えた通り、特別感のある内容でもないので自分から進めることはないと思う。
改善してほしい所
特になし。
えぼしいわじろうさんの口コミ
静岡県50代・男性・会社員 ママチャリ eサイクル保険
総合評価
(5.0)
医療保険や生命保険と重複する点はイマイチですが、事故時の対応力が大変すばらしいのでたいへん満足しています。
保険料
(3.0)
月々340円で安いところが魅力ではあるが、死亡や入院は生命保険や医療保険でカバー出きるのである要らないようなきがするため。
補償の手厚さ
(5.0)
支払い事例をみて、1億円あれば、ほぼ安心ではないかと思われます。自動車保険で、事故対応が良かった経験から選びました。
保険会社の対応
(5.0)
安いには理由があることを代理店さんから教わりました。事故を起こしたときに安心して対応をまかせられることが肝心と思いました。
支払いの満足度
(5.0)
同じ代理店さんから加入している自動車保険で、事故時の対応がスピーディで良かったので、自転車保険もまかせられると思いました。安い会社では、年末年始の事故対応は業務委託しているため動いてくれない会社がありました。だから安いんですね。
友人・知人へのおすすめ
(5.0)
事故を起こしてしまった時のための保険です。安い会社はたいおうが遅いし、相手方を怒らせてしまい、弁護士を使われて面倒くさい事例も知人にはあります。
改善してほしい所
入院保障は医療保険でカバー出きるので、はずせるプランがあるといい。
りりさんの口コミ
福岡県30代・女性・主婦・パート ママチャリ eサイクル保険
総合評価
(5.0)
相手に怪我をさせた場合だけでなく、自分が怪我をした時の入院や怪我に対する保障。また物損事故に対しての保障等、全てにおいて網羅しているので安心感が大きい。また大手の保険会社なので、いざという時の対応もスムーズに早く出来そうだと言う信頼感もある。なのでとても満足している。
保険料
(4.0)
いざという時のことなどを考えると、満足している。小学生の子供が2人いて教育費にお金が掛かるので、掛け金が高いと加入することをためらってしまう。なので掛け金が安く、保障内容が充実していることが1番だと思う。
補償の手厚さ
(5.0)
加害者になった場合も、自分が怪我などをした場合でも保証がしっかりしているので安心。自分が気をつけていても、いきなり飛び出してきたりしてヒヤッとすることもある。何時、自分が事故を起こしたりするか分からない時の為の保障が手厚いのは安心。
保険会社の対応
(5.0)
保障内容や分からない事に対する質問に対しての説明がとても分かり易く、丁寧に教えてくださった。とても好感が持てる対応だった。
支払いの満足度
(3.0)
コンビ二でもクレジットからでも払い込めるので手軽だし便利だとは思う。しかし、銀行引き落としが出来ればなお良いと思う。自分はあまりクレジットは使わないので、コンビ二払いになる。あちらこちらにコンビ二は沢山あるので、便利だといえば便利だが、引き落としだとわざわざ行く必要がないのが良い。
友人・知人へのおすすめ
(5.0)
自分が満足しているので、同じように自転車を利用している友人に勧めたい。交通事故だけでなく物損事故などに対しての補償も手厚いのでお勧め。
改善してほしい所
特にありません
Shibu_chanさんの口コミ
東京都40代後半・女性・主婦 eサイクル保険
総合評価
(4.0)
本人型です。賠償も手厚いです。 自分に対しての補償はもとより、対人対物に対しての補償も必須です。少額で厚い補償だと思っています。
保険料
(3.0)
事故の際、賠償を考えると満足(普通)であると考えます。自転車事故は怖いです。対人に対して、自分に対して通院や入院費用など身近な乗り物だけに、事故も、多いはずです。
補償の手厚さ
(4.0)
個人賠償無制限、死亡·後遺障害500万、示談サービスなど手厚いと思い加入しました。1年契約ですが、毎年、自転車について考える機会だと思って加入し直しています。
保険会社の対応
(3.0)
事故がないのが良いです。保険会社な対応はよく分かりません。実際にお世話になった事が無いのです。事故が無い事は有難いことです。
支払いの満足度
(3.0)
実際に、保険金を受けた事はありません。対人事故を起こしていませんから。強いて言うならば、1年掛け捨ての保険……掛け金も約7000円程度です。手厚い保険内容には、感謝しています。40代後半の事故を想定すると、スピードは先ず無いが、対物と転んだら骨折通院はすると想定ですね。期間も尾を引く感じです。
友人・知人へのおすすめ
(5.0)
対人が自転車で若者だったら?考えるだけで恐ろしいです。若者の人生を奪ってしまったら?考えると恐ろしいです。加入をオススメしますね。
改善してほしい所
改善は無いですが、保険は乗る人の義務をもっとアピールしてほしいです。