【モンベル自転車保険】は長期期間補償が魅力!ただし注意点あり?

近年、自転車事故によって高額な賠償が発生するケースが増加しており、全国の自治体は自転車保険の義務化を進めています。
しかし、保険というと難しいイメージがあるため「私も入らなきゃ……」と思いつつ、加入を先延ばしにしている人もいるでしょう。
そんな方におすすめなのが、長期期間補償が魅力の「モンベル自転車保険」です。
そこで今回は、アウトドア用品で有名なモンベルの自転車保険について博士が分かりやすく解説していきます!
※この記事は、2019年10月1日以降始期の契約からの補償内容等が記載されています。

モンベルの自転車保険は「長期期間補償を受けたい」人におすすめ!

特徴

  • 3つのプランから選べる
  • 保険期間を1・3・5年の中から選べる
  • 全プランに「個人賠償責任補償特約(1億円)」が付いてくる

注意点

  • シンプルプランには通院・入院・手術の補償が付いていない
  • モンベルメイトの会員でなければ加入できない
  • 本人名義のクレジットカードを所有していなければ加入できない
  • 加入時点で年齢が満20歳以上でなければ加入できない
  • インターネットのメールアドレスを所有していなければ加入できない

今回はモンベルの自転車保険について解説するぞ。
博士、モンベルってアウトドア用品で有名な会社ですよね?自転車保険があるなんて知らなかった!

じつはモンベルはアウトドア用品の製造・販売のほかに、保険にも力を入れておるのじゃ。
アウトドアに精通しているモンベルの自転車保険なら、なんだか安心できそう!

なんといっても日本アウトドア界でもトップクラスのブランドじゃからな!
そんなモンベルの自転車保険は、どんな人におすすめなんですか?

結論から言うと、モンベルの自転車保険は「長期期間補償を受けたい」人におすすめじゃ!
私、ちょうど長期に渡って補償を受けられる自転車保険を探していたんです!

それはよかった。ではモンベルの自転車保険について、順を追って説明していこうかのぉ。
よろしくお願いしま~す!

モンベル自転車保険の中身は「AIG損保」⁉

モンベル自転車保険について説明する前に、まずはモンベルが扱う保険について覚えておいてほしいことがあるのじゃ。
覚えておいてほしいこと?

モンベルは自転車保険のほかにもいくつか保険を取り扱っているのじゃが、その中身は「AIG損害保険株式会社」なんじゃ。
中身がAIG損保……?モンベルが運営しているわけじゃないってことですか?

運営はAIG損保が行っていて、モンベルは保険の代理店だと考えればよいかの。
そういうことか~。分かったような、いまいち分からないような……。

まあ、それでも問題ないわい。次は補償内容を見ていくぞ!
お~!

モンベル自転車保険は3つのプランから選べる!

モンベルの自転車保険には、3つのプランがあるのじゃ。
3つの中から自分に合うプランを選べるんですね!それぞれどんなプランなんですか?

保険料の安い順から「シンプルプラン」「スタンダードプラン」「安心プラン」じゃ。資料を見ながら説明しようかのぉ。
【資料1】
【安心プランのみセット】
※1 入院保険金および手術保険金支払対象期間延長特約(1,000日用)
※2 通院保険金支払対象期間延長特約(1,000日用)
【全てのプランにセット】
※3 賠償事故の解決に関する特約

プラン名 安心プラン スタンダードプラン シンプルプラン
G102 H102 J102
保険金額 基本補償 死亡保険金 200万円 200万円 200万円
後遺障害保険金(障害の程度に応じて) 8万円~200万円 8万円~200万円 8万円~200万円
入院保険金日額※1(1事故につき180日限度) 1,500円 × ×
手術保険金※1(1事故につき1回) 入院中 15,000円 × ×
入院中以外 7,500円
通院保険金日額※2
(1事故につき90日限度)
(1事故につき180日限度)
1,000円 × ×
傷害医療費用保険金
(事故の日から365日以内の費用)
(1事故につき)
100万円限度 100万円限度 ×
特約 個人賠償責任補償3(1事故につき) 1億円限度 1億円限度 1億円限度
一時払保険料 保険期間1年 4,490円 2,570円 1,740円
保険期間3年 11,300円 6,480円 4,360円
保険期間5年 17,990円 10,280円 6,960円

交通事故傷害危険のみ補償特約付傷害総合保険について
交通事故傷害危険のみ補償特約付傷害総合保険は、運行中の交通乗用具(自動車、自転車、原動機付自転車、
電車、航空機、船舶など)との衝突・接触等の事故、運行中の交通乗用具搭乗中の事故、乗物の乗降場構内
(改札口内など)での事故および運行中の交通乗用具の火災等の所定の偶然な事故により被保険者がケガを
された場合に限り保険金をお支払いします。

う、うわ~……。なんだか難しそうですね……。

まあ安心せぃ。落ち着いて見てみると、共通点が見つかるはずじゃよ?
ん~と、本当だ!保険金の額が200万円とか、8万円~200万円とか同じみたいです!

その通り!全プラン共通して200万円の「死亡保険」、8万円~200万円の「後遺障害保険金(障害の程度に応じて)」が付いているのじゃ!
あと、1億円限度の「個人賠償責任補償」も付いていますね!

そうなんじゃ。あと1つ共通点があるのじゃが、ちと難しいかのぉ?
表の1番下の「保険期間」ですか?

エクセレント!全プラン共通して、保険期間を1・3・5年の中から選べるのじゃ!
なるほど~!ということは「なるべく金額を抑えたい」人はシンプルプランの保険期間1年を選べばいいのね!

そういうことじゃ。保険期間1年なら、保険料は1,740円とかなり抑えることができるぞ!
自転車保険って、もっと高いと思っていました!

「価格を抑えながらも充実な補償を受けたい」人は、保険期間1年で保険料2,570円のスタンダードプランがよいかのぉ。
それなら「もっと手厚い補償を付けたい」人は、安心プランがいいですね!

つまり、モンベル自転車保険は「保険期間を選びたい!」「長期間、手厚い補償を受けたい!」という人にぴったりじゃな!

賠償責任補償1億円は過去の事例をまかなえる!

ほんとのところ、モンベルの自転車保険の補償内容って手厚いんですか?

いい質問じゃ!
うわ!博士の目が光った…。

過去の自転車事故の事例から、モンベルの自転車保険を分析してみるぞ!
は~い!

さっきの資料の「個人賠償責任補償」の欄を見てみるのじゃ。
う~ん、なになに?1億円限度……?

自転車保険で最も重視したいのは、この賠償責任補償なんじゃ。
へ~。でも、なんで?

自転車事故を起こしたとき、賠償命令が課された場合どうするかのぉ?
もちろん支払います。

じゃがな、とうてい支払えないほど高額な賠償命令が課されることもあるんじゃよ。
え……。

実際に、過去には9,521万円という高額な賠償を命じられた判例も出ているのじゃ

9,521万円……。私にはとうてい支払えません!どうしたらいいの⁉

そんな万が一のときのために自転車保険があるんじゃよ!

そうか!だから賠償責任補償が重要なんですね!

モンベルの1億円という補償は、過去最高賠償額の9,521万円を上回っておるのぉ。
過去の事例よりも多い!心強いですね!

ただし、今後さらに高額な賠償命令が発生するかもしれんから気をつけるのじゃよ。
より高額な賠償命令か…。それを踏まえた上で自転車保険への加入を検討します!

モンベル自転車保険の注意点は加入条件があること!

3つのプランから選べるうえに、保険期間まで選べるなんてステキ~!

じゃがな、じつはモンベルの自転車保険には注意したいこともあるのじゃ…。
え~、なになに~?

モンベルの自転車保険は、モンベルメイトの会員でなければ加入できないのじゃよ。
モンベルメイトって、たしかメルマガを配信したり、イベント情報を発送したりするサービスですよね?

その通りじゃ。モンベルの自転車保険に加入するには、まずモンベルメイトに登録しなければならないのじゃよ。
もしかして、登録料がかかるんですか……?

いやいや、登録は無料じゃから安心せぇ。登録手続きもモンベルのWEBサイトで簡単にできるぞ。
な~んだ、安心しました!注意点ってそれだけですか?

その他にも、本人名義のクレジットカードを所有していること、加入時点で年齢が満20歳以上であることなど条件があるのじゃ。
クレカを持っていない人や、未成年は加入できないんですね。

さらにインターネットのメールアドレスを所有していない人は加入できないので注意するのじゃよ。
へ~。なんだか今時の保険って感じですね!

そうじゃな。わしが若い頃とはずいぶん違うものじゃなぁ。わしの時代は……
(しまった……博士の話、長くなりそうだな……。)

シンプルプランには通院・入院・手術の補償が付いていない!

おっと、昔の思い出に浸って大事なことを忘れよったわぃ!
大事なこと、ですか?

じつは、シンプルプランには通院・入院・手術の補償が付いていないのじゃ。
へ~……。そんなに大事な補償なのかなぁ。

では当サイトが行った「自転車事故の治療費に関するアンケート」の結果を見てみるのじゃ!
【治療費の資料】

100人中 日額治療費平均 合計治療費平均
通院 93人 3,078円 17,597円
入院 9人(自己負担5人) 6,440円 54,000円
手術 7人(自己負担5人) 36,250円 36,250円

この表を見ると、9割以上の人が平均3,000円の治療費がかかっていることがわかるじゃろ?
9割以上が平均3,000円の治療費かぁ。多いのか少ないのかは、個人の感覚によりそうですね。

この結果から通院・入院・手術の補償が必要だと思ったなら、他のプランや他社の自転車保険を検討した方がよいかもしれんのぉ。

モンベルの自転車保険は「長期期間補償を受けたい」人におすすめ

特徴

  • 3つのプランから選べる
  • 保険期間を1・3・5年の中から選べる
  • 全プランに「個人賠償責任補償特約(1億円)」が付いてくる

注意点

  • シンプルプランには通院・入院・手術の補償が付いていない
  • モンベルメイトの会員でなければ加入できない
  • 本人名義のクレジットカードを所有していなければ加入できない
  • 加入時点で年齢が満20歳以上でなければ加入できない
  • インターネットのメールアドレスを所有していなければ加入できない

モンベルの自転車保険について理解できたかのぉ?
はい!モンベルの自転車保険の中身はAIG損保です!

・モンベル自転車保険の引受保険会社は「AIG損害保険株式会社」でしたね。

プランは3つじゃったな?
3つのプランから選べるうえに、保険期間を1・3・5年の中から選べます!

・保険料の安い順から「シンプルプラン」「スタンダードプラン」「安心プラン」の3つのプランが用意されており、保険期間を1・3・5年の中から選べましたね。

全プラン共通して個人賠償責任補償特約が1億円付いてくることもポイントじゃったな!
・全プラン共通して、個人賠償責任補償特約の限度は1億円です。

注意点は、いくつかの加入条件があることじゃったな?
加入条件はモンベルメイトの会員であることと、インターネットのメールアドレスを所有していること!

・モンベル自転車保険に加入するには、まずモンベルメイトの会員登録を済ませましょう。インターネットのメールアドレスを所有していない人は、取得する必要があります。

本人名義のクレジットカードを持っていない人や、未成年は加入できないから注意するのじゃぞ。
・本人名義のクレジットカードを所有していない人や、加入時点で年齢が満20歳以上でない人は加入できません。
最後にもう1つ。シンプルプランには通院・入院・手術の補償が付いていません!

よく覚えておったのぉ!
通院・入院・手術の補償が欲しいなら、他のプランを検討した方がいいかもしれませんね。

それか、シンプルプランと医療保険とを組み合わせるという手もあるぞ!
なるほど~、そういう手もあるんですね!

何にせよ、大事なのは様々な自転車保険の補償内容や注意点を知り、広く検討することじゃ!
「保険=難しい」って思っていたけど、意外とそうでもないかも!もっといろんな自転車保険のことを知りたくなりました!