全労済(こくみん共済 coop)の自転車保険は月々200円から!傷害タイプには注意が必要

手頃な掛金の頼れる総合保障「全労済(こくみん共済 coop)」は、自転車保険も提供しています。
保険の規模的に見ると、共済の粋を超えるほど充実した補償が受けられると人気ですが、知っておくべき注意点もあるんです……。
そこで今回は、全労済(こくみん共済 coop)の自転車保険の特徴や注意点を分かりやすく解説します!

全労済(こくみん共済 coop)の自転車保険はアリ?ナシ?

家族の誰かが「全労済(こくみん共済 coop)」に入っているという家庭も多いと思いますが、全労済が提供する自転車保険について知っている人はそう多くはないでしょう。
全労済の自転車保険の最大の魅力は、安い掛金で充実した補償が受けられることです。なんと、こくみん共済に加入済みであれば月々200円で1億円の賠償責任補償を家族全員に付けられるんです!
また、マイカー共済に加入している人なら、月々の掛金はたったの120円!
そんな魅力的な全労済の自転車保険ですが、けがに備える「傷害タイプ」には注意点があります。
傷害タイプは健康状態にかかわらず、誰でも加入できる上に日常のケガまで補償してくれるありがたい共済商品です。
しかし、ケガの部位や症状、年齢で補償内容が変わるため、事前にしっかり確認しておく必要があります。

こんな人におすすめ!

個人賠償プラス

●全労済(こくみん共済 coop)にすでに加入している人
→自転車保険義務化に安く(月々200円)対応可能!
→とくに、マイカー共済に加入している人なら月々120円で特約を付帯できる
●こくみん共済加入済みで、自転車保険以外にも日常の賠償補償をしてほしい人
●保険関係をこくみん共済 coopでまとめたい人

傷害タイプ(傷害Wタイプ)

●自転車事故を含めた日常生活のケガへの保障が欲しい人
→料理中のやけどや公園での子どものケガ、持ち物を壊した際など幅広く補償してくれます。

こんな人にはおすすめできません…

個人賠償プラス

●相手をケガさせた時の保険を探していて、対象の共済に未加入の人
→賠償保障のプランには単独では入れないため

傷害タイプ(傷害Wタイプ)

●自転車事故によるケガの補償を探していて、日常のケガへの保険はいらない人
●どういうケガでも同じ額の補償を受けたい人
→ケガする箇所によって補償額が異なるため
●手術補償が欲しい人

全労済(こくみん共済 coop)の保険の特徴と注意点は?

月々たったの200円で賠償責任補償1億円I 全労済の自転車保険の特徴って?

博士、全労済にも自転車保険があるんですね!

そうなんじゃ!けがや病気、火災や自然災害の他に、自転車に乗る人のための補償もあるんじゃよ。
へ~……。ところで、そもそも「全労済」って何ですか?

全労済はな、簡単にいえば共済商品を提供する組織のことじゃよ。今は「こくみん共済 coop」ともいわれておるのぉ。
あ~!女優の芦田愛菜さんを起用したテレビCMで話題の共済ことですね!

そうじゃ。アイちゃんにはCMのイメージが強いかもしれんが、coop とはcooperativeの略で、協同組合全体を指す呼称であって……
……博士!全労済の自転車保険には、どんな特徴があるんですか?

説明している最中なんじゃが……まぁいいわい。では特徴を説明していくとするかのぅ。

全労済の2種類の自転車保険

コホン、全労済の自転車保険には2つの種類があるんじゃ!
2つの種類、ですか?

1つ目は、今入っている共済プランに損害賠償補償を追加する「個人賠償プラス」で、2つ目は自分がケガした時に備えて新たに加入する「傷害タイプ」じゃ。
損害賠償補償っていうのは、相手をケガさせた場合の補償でしたよね?

その通りじゃ。他人にケガを負わせた時や、他人の財物を壊してしまった時など法律上の損害賠償責任を負った場合に補償してくれるものじゃよ。
ん~。そんな大事な補償なら、掛金も高そうですね……。

いや、そうでもないんじゃよ。
……え?

相手のケガや壊したモノをなおす保険(個人賠償プラス)は安い!

【資料1】

プラン名 こくみん共済
個人賠償プラス
マイカー共済
自転車賠償責任補償特約
保険料(年払い) 1,350円
保険料(月払い) 200円 120円
賠償責任補償 1億円 1億円
加入条件 こくみん共済の各プランに加入 マイカー共済に加入
示談交渉代行

全労済なら、マイカー共済であれば月々プラス120円、それ以外ならプラス200円で1億円の損害賠償補償を付けられるんじゃよ!
200円で1億円も?! すごい!!……でも、それって1億円も必要なんですか?

実はな、過去の自転車事故の判例で9,521万円という高額な賠償を命じられたケースがあるんじゃ。
9,521万円…! そんなお金、私にはとうてい支払えません!どうしたらいいのI

そんな万が一のときのために、賠償責任補償が重要になるんじゃよ!
そういうことか!それなら、賠償責任補償が1億円あれば心強いですね!

う~む……。100%安心とは言い切れないが、今のところは1億円あれば心強いといえるかのぉ!
月々の掛金が安いのに、1億円もの賠償責任補償が付いているなんてすごいですね!

実はな、全労済にはさらなる魅力があるんじゃよ。
さらなる魅力……?じゅるり……

なんと、全労済の自転車保険は、自転車以外の日常の事故も補償してくれるんじゃよ!
日常の事故まで?! たとえば?

例えば、ペットが人を噛んでしまった場合や、子どもがボールで隣家の窓ガラスを割ってしまった場合にも賠償補償も受けられるんじゃ。

自分の通院・入院を補償する「傷害タイプ」は月々1000円から

【資料2】

プラン名 こくみん共済 傷害タイプ こくみん共済 傷害Wタイプ こくみん共済 傷害タイプ こくみん共済 傷害Wタイプ
年齢 0歳~満59歳 満60歳~満79歳
保険料(月払い) 1,000円 1,800円 1,000円 1,800円
賠償責任
入院・通院1事故につき(5日以上) 0.75~18万円 1.5~36万円 0.75~18万円 1.5~36万円
入院・通院1事故につき(5日未満) 3,000円 6000円 3,000円 6000円
長期入院 最高36万円 最高72万円 最高10万円 最高20万円
携帯品の損害補償 最高30万円(免責1万円) 30万円(免責1万円)
死亡・重度傷害共済金 500万円 1000万円 250万円 500万円
傷害共済金 20~450万円 40~900万円 10~225万円 20~450万円

ちなみに、自分のケガへの補償は月々1,000円の「傷害タイプ」と月々1,800円の「傷害Wタイプ」があって、自転車事故以外の通院・入院費用も補償してくれるぞ!
なんだか至れり尽くせりって感じですね!

この「傷害タイプ」と「傷害Wタイプ」は、こくみん共済に入っていない人でも申し込めるんじゃ。
できることなら、損害賠償補償が付いた「個人賠償プラス」も自分のケガを補償する「傷害タイプ」もどっちも入っておきたいです!

それもOKなんじゃ!「個人賠償プラス」と「傷害(W)タイプ」は組み合わせて加入することもできるぞ!
全労済の偉大さを再発見できた気がする……!

加入には条件も! 全労済の保険の注意点とは?

決めました!私、全労済の自転車保険に加入します!

いやいや、そう焦るでない。全労済の自転車保険には注意点もあるんじゃから……。
注意点って?

全労済の自転車保険は魅力的じゃが、マイカー共済の特約や個人賠償プラスを付けられるのは共済に加入している人だけなんじゃ。
え?200円では加入できないってことですか……?

そういうことじゃ。単独では申し込めないから、すでに加入している共済の掛金プラス200円(120円)ということになるのぉ。
なるほど~。

また、マイカー共済の特約や個人賠償プラスは賠償責任補償だけじゃから注意が必要じゃ。自分のケガへの補償を付けたい場合は、併せて「傷害タイプ」に申し込む必要があるぞ。
自分の通院費用とかを補償してもらうには追加で「傷害タイプ」が必要なのね。

傷害タイプは注意点がたくさん!

傷害(W)タイプは自転車事故によるケガの補償だけをして欲しい人には割高かもしれんのぅ。
そっか~。傷害(W)タイプは日常生活のケガも補償してくれるんでしたっけ?

そうじゃ。自転車事故によるケガだけの補償が欲しい人は、他の自転車保険を検討した方がよいかもしれんのぉ。
保険料以外の注意点も教えてください!

あとは加入者の年齢に注意じゃ。79歳まで加入できて、掛金は何歳でも変わらないんじゃが、60歳以上は補償内容が変わるんじゃよ。
それは確認しておかないと、後々困ることになりそうです……!

また、傷害タイプの補償額はケガした「部位」や「症状」によって異なるから、あらかじめ詳細を理解した上で申し込むべきじゃな。
手をケガしたのか頭をケガしたのかで、もらえるお金が変わるってことかぁ。

それと手術補償は付いていないから、医療保険と組み合わせるなど工夫する必要があるじゃろうな。
全労済の自転車保険は魅力も多いけど、「傷害タイプ」は特に注意すべき点が多いんですね。加入を決める前に知ることができてよかった~!

プランごとの特徴と注意点をまとめました!

こくみん共済「個人賠償プラス」

相手をケガさせたり、モノを壊したりした場合の賠償リスクに備えるための保険。
月々の掛金は200円で、最高1億円の損害賠償責任補償が受けられます。
飼い犬が人にケガをさせたり、子どもが隣家のガラスを割った場合の損害賠償も補償されます。
個人賠償プラスで補償されるのは損害賠償責任補償のみですが、日常のけがや自転車事故による通院・入院に備える「傷害タイプ」と組み合わせて加入できます。
個人賠償プラスはこくみん共済に組み合わせて加入する必要があり、単独では加入できないので注意しましょう。

マイカー共済「自転車賠償責任補償特約」

すでにマイカー共済に加入している人向けの特約「自転車賠償責任補償特約」は、月々プラス120円(年払い1,350円)の掛金で付帯できます。
1事故につき最高1億円まで補償され、示談サービスも付いています。
自転車賠償責任補償特約はマイカー共済に加入していないと入れないので注意しましょう。

こくみん共済「傷害タイプ」・「傷害Wタイプ」の特徴

日常のけがや自転車事故による通院・入院に備える「傷害タイプ」・「傷害Wタイプ」。
月々の掛金1,000円のプラン「傷害タイプ」と、1,800円の「傷害Wタイプ」から選べます。
傷害(W)タイプの特徴は、0歳から79歳まで健康状態にかかわらず加入できることです。(補償は満80歳まで受けられます。)
また、自転車事故によるケガに限らず、日常生活でのケガの補償も受けられます。

「傷害(W)タイプ」の注意点

1. 傷害(W)タイプは年齢によって受けられる補償内容が変わる

例えば、満59歳までは最高36万円の長期入院補償を受けられますが、満60歳からは最高5万円になります。
また、携行品に損害が生じた場合の補償について、満60歳からはこれを受けとれません。

2. 部位や症状によって受け取れる補償が違う

通院・入院すると傷害タイプで最大18万円、傷害Wタイプで最高36万円受け取れますが、実は部位や症状によって金額が異なるんです。
それでは、傷害タイプ・傷害Wタイプの5日以上の通院・入院時の支払額を確認してみましょう。チェックすべき点は、部位や症状による支払額の差です!
【資料3】
傷害タイプ 部位・症状別 5日以上の通院・入院時の支払額(抜粋)

【資料4】
傷害タイプW 部位・症状別 5日以上の通院・入院時の支払額(抜粋)

傷害タイプ・傷害Wタイプともに頭部や頸部、足指を除く下肢の骨折または脱臼の支払い額は多いものの、手指や手指を除く上肢の骨折または脱臼の支払い額がかなり少ないことが分かると思います。
このように、特定の箇所のケガへの補償が少ないことは確認しておくべきでしょう。
そして、傷害タイプは月々の掛金が1,000円以上するので、「自転車利用中のケガについてのみ補償が欲しい」という人にとっては割高になってしまいます。
全労済の傷害タイプ・傷害Wタイプは自転車によるケガだけでなく、「日常生活でのケガ全般に対する保険が欲しい」という人に向いているといえるでしょう。

全労済(こくみん共済 coop)ってどんな会社?厚生労働省の認可を受けて設立された協同組合!

全労済は消費生活協同組合法(生協法)に基づき、厚生労働省の認可を受けて設立された共済事業を行う協同組合です。
全労済は、正式名称を「全国労働者共済生活協同組合連合会」といいます。
「こくみん共済 coop」はその新しい愛称です。
全労済(こくみん共済 coop)が創立されたのは、1957年9月29日のこと。「生活をより良くしたい」と願う人々が自主的に集まって事業を行い、その事業の利用を中心にしながらみんなで活動を進めていく、営利を目的としない組織として誕生しました。
協同組合に参加したい人は誰でも出資金を出して組合員になることができ、事業の利用や運営も組合員によって行われています。
そんな全労済(こくみん共済 coop)が行う共済事業とは、生活を脅かすさまざまなリスクに対し、組合員相互に助け合うという活動を保険のしくみを使って確立した保障事業です。共済商品を扱う団体は他に、

  • 県民共済/都民共済(全国生活協同組合連合会)
  • コープ共済(日本コープ共済生活協同組合連合会)
  • JA共済(全国共済農業協同組合連合会)

などがあり、どの共済も手頃な掛け金で人気です。

全労済(こくみん共済 coop)の自転車保険は「すでに全労済に加入している人、日常の賠償補償が欲しい人」におすすめ!

最後にもう一度、全労済(こくみん共済 coop)の「個人賠償プラス」と「傷害タイプ(傷害Wタイプ)」のポイントをまとめておきます!

個人賠償プラス

【特徴】

  • 月々の掛金200円(マイカー共済に加入している人なら月々120円)で最高1億円の賠償責任補償が受けられる
  • 自転車保険だけでなく、日常の賠償リスクも補償される

【注意点】

  • 単独では加入できないので、全労済(こくみん共済 coop)に加入する必要がある

傷害タイプ(傷害Wタイプ)

【特徴】

  • 自転車によるケガだけでなく、日常生活でのケガも補償される

【注意点】

  • 自転車事故によるケガのみの補償を探していている人によっては割高
  • ケガの部位や症状によって支払われる額が異なる
  • 60歳以上は補償内容が変わる
  • 手術補償が付いていない

月々たったの200円から気軽に加入できる全労済(こくみん共済 coop)の自転車保険。魅力的ですが注意すべき点もあるので、加入を決める前にしっかり補償内容を確認した上で検討しましょう!

よかったら、おすすめの自転車保険5選も見てほしのじゃ。
自転車保険のおすすめ5選【2020年版】自転車保険比較の方程式のおすすめ5選!注意点は?家族で義務化に対応
注意事項
*1
保険プラン比較表利用時の注意事項については、保険プラン比較表利用時の注意事項をご覧下さい。
*2
今回のアンケートの詳細については、インターネットを利用したWEBアンケート調査をご覧下さい。

あなたにおすすめの記事

au損保の自転車保険【au損保の自転車保険】はロードサービスつき!口コミは?更新や解約方法は? セブンイレブンの自転車保険【セブンイレブンの自転車保険】口コミは?更新・解約方法も解説 楽天の自転車保険【楽天の自転車保険】隠れた注意点?かんたん加入で保険料は月々220円から 保険会社一覧自転車保険会社一覧 いくら?特徴・注意点もまるわかり!

全労済の自転車保険の口コミ

いぬさんの口コミ
愛知県40代・男性・会社員 マウンテンバイク マイカー共済 自転車賠償責任補償特約
総合評価
(5.0)
ごくまれに、交通安全教室を開催していただいています。ちょくちょく参加しているのもあり、現在無事故です。
保険料
(3.0)
自動車保険の特約として、自転車保険には加入しましたが、自動車保険と同様に1度も使用したことがありません。
補償の手厚さ
(5.0)
自動車保険の特約として、自転車保険には加入しましたが、自動車保険と同様に1度も使用したことがありません。
保険会社の対応
(5.0)
自動車保険の特約として、自転車保険には加入しましたが、自動車保険と同様に1度も使用したことがありません。
支払いの満足度
(5.0)
自動車保険の特約として、自転車保険には加入しましたが、自動車保険と同様に1度も使用したことがありません。ただ、口コミでは、対応が良く、支払いのスピードなどは速いと伺っていますので、安心して加入しています。
友人・知人へのおすすめ
(5.0)
口コミでは、全労済は、対応が良いと聞いています。とくに、電話対応が素早く、その後のフォローもしっかりしていると伺っています。
改善してほしい所
特にありません。