【本人向け】自転車保険カテゴリー人気ランキング!補償と保険料どっちを重視?

「自治体で自転車保険加入が義務化する!」という方から「通勤で自転車に毎日乗る」「買い物やサイクリングで自転車を使う」という方まで、まだ自転車保険に加入していない方にはぜひ見ていただきたい、個人向けの自転車保険ランキング!
消費者の声にマッチした保険プランはあるの?どんな補償が必要なの?といった、気になるポイントについて「自転車保険の方程式」が独自に調査を行いました。

「自転車保険の方程式」では個人向け自転車保険について、
①損害賠償補償額(0~1000万円、1億円、1億円超もしくは無制限)
②通院・入院・手術補償の有無(必要でないものはあるか)
を基準にアンケートを実施し、人気の補償内容について調査を行いました。
※詳しい内容については「アンケート内容」をご覧ください
どのタイプの保険が上位にランクインしたのでしょうか。早速みていきましょう!

みんなに選ばれた自転車保険タイプ第1位は?!

アンケートの結果、求められる補償内容第1位は、
『賠償補償額1億円超で、通院・入院・手術補償あり』タイプとなりました。
もしもの時のために賠償補償額が高めで、通院補償もカバーするタイプの保険が人気のようです。

このタイプで人気の保険プランは?!

この『賠償補償額が1億円超、通院・入院・手術補償あり』で上位人気のプランを発表します。

第1位 三井住友海上
『@さいくる Aコース』(個人型)

  • 年間保険料7,230円
  • 通院日額1,000円
  • 入院日額6,000円
  • 手術最大60,000円
    (入院時以外)最大30,000円
  • 賠償保険金額3億円


第2位 au損保
『Bycle シルバー(本人タイプ)』

  • 月払い保険料600円
  • 一時払い保険料年額6,560円
  • 通院日額1,000円
  • 入院日額6,000円
  • 手術最大60,000円
    (入院時以外)最大30,000円
  • 自転車事故の場合、上記の通院・入院・手術補償額がすべて2倍
  • 賠償保険金額3億円
  • ロードサービス 50㎞迄、年4回迄


第3位 au損保
『Bycle ゴールド(本人タイプ)』

  • 月払い保険料1,110円
  • 一時払い保険料年額11,940円
  • 通院日額2,000円
  • 入院日額6,000円
  • 手術最大60,000円
    (入院時以外)最大30,000円
  • 自転車事故の場合、上記の通院・入院・手術補償額がすべて2倍
  • 賠償保険金額3億円
  • ロードサービス 50㎞迄年4回迄

1位:三井住友海上の『@さいくる Aコース』
年間保険料7,230円で賠償責任の補償がなんと3億円つきます!もちろん、自身のケガによる通院・入院・手術補償も受けられる、なんとも手厚い保険プラン!
「自転車保険に加入をするなら、手厚い賠償補償を受けたい」と考えている人にはピッタリの自転車保険ではないでしょうか。
2位:au損保の『Bycleシルバー(本人タイプ)』
ランキング内では最安の保険料(年額6,560円)で、月払いを選択することも可能(月額600円)です。また、ロードサービスがついているのが特徴です。さらに自転車事故の場合、通院日額など本人のケガの保険金が2倍になります。
3位:au損保の『Bycle ゴールド(本人タイプ)』
上記のau損保『Bycle シルバー』の内容に加え、通院日額が倍になるなど補償が充実。
保険料は年額11,940円。月払いを選んだ場合は月額1,110円です。通院日額が他のプランでは足りないという方はこちらがおすすめです。
このランキングの詳細については、こちらの記事をご覧ください。
本人型|自転車保険おすすめランキングTOP3!賠償1億超/通院&入院&手術補償

手ごろな保険料で補償も!?人気の保険タイプ第2位は?!

本人型の自転車保険に求められる補償タイプの第2位は
『損害賠償補償0円~1,000万円、通院・入院補償』タイプという結果に!
高額な賠償保障や手術補償は必要ないので、安く保険に入りたいという人も多くいるようです。
このカテゴリにマッチした保険プランは1つのみです。

ジャパン少額短期保険の『ちゃりぽ スタンダード もっとあんしんプラン』

  • 年間保険料4,100円(月額370円)
  • 通院日額1,000円
  • 入院日額6,000円
  • 損害賠償金最高1,000万円

*自転車事故の場合、通院、入院、手術補償額が2倍
ジャパン少額短期保険の『ちゃりぽ スタンダード もっとあんしんプラン』
この自転車保険は、自転車事故で自分がケガをした場合の通院・入院はもちろんのこと、他人をケガさせた場合や他人の物を壊してしまった場合の損害賠償も補償してくれる保険プランです。
また、加入者の年齢制限がないので高齢の方でも自転車保険に加入することができるので「年齢が邪魔をして入れない…」と諦める心配もありません。
そして何よりも月々の保険料が370円という手ごろさ!は、1人暮らしの方も家計を圧迫せずに加入できるのではないでしょうか。
「ある程度の補償は欲しいけど、なるべく掛け捨ての保険は金額を抑えたい」といった方にはピッタリの自転車保険といえそうですね。

こんな保険が欲しい!人気の保険タイプ第3位は?!

本人型の人気の保険タイプ第3位は『損害賠償補償0円~1,000万円、通院・入院・手術補償』でした。
こちらは、「損害賠償補償は抑えめで、通院補償などがひと通り揃っているタイプ」です。
このカテゴリにマッチした保険プランは…

残念ながらありませんでした。(令和元年6月現在)

第2位同様、損害賠償補償金額を下げてなるべく保険料を抑えるけれど、傷害補償を手厚くしたい!といった声が挙がりましたが、残念ながらこの内容にマッチしたものは現時点ではありません。

人気の保険タイプが選ばれた理由

実際にアンケートに答えた人はどういう理由で、必要な補償を選んだのでしょうか。選んだ理由についてのコメントを見ていきましょう。

『賠償補償額が1億円超、通院・入院・手術補償』タイプを選んだ人のコメント

補償額が多いと安心感がある。いつ何時、保険を使用するか分からないので補償額が多いと安心する。自分も体を壊して入院や手術をすることもあり得る為、1億円超の補償だとありがたいと思う。(20代、男性)
⇒交通事故はどんなに気を付けていても、被害者になることもあれば加害者になる可能性もあります。
そのため、いつどんな時でもお守り代わりに手厚い補償が受けられる保険プランに入りたいと思う気持ちはよくわかりますね。

補償内容が一番手厚くて良さそうと感じた。もしもの時に安心出来そうですし、内容も問題なさそう。安心感がある。(40代、男性)
⇒「@さいくる Aコース」の補償内容は手厚いなと感じたようです。確かに、事故を起こした際に1番気になる項目がカバーされていますし、手厚い補償が受けられるとわかると安心感がありますよね。
この保険タイプを選んだ人は、「とにかく保険料よりも、もしもの時の安心感を手に入れたい!」という方が多いように感じました。
このタイプに該当する保険プランについての詳細ランキングはこちらの記事をご覧ください。

『損害賠償補償0円~1,000万円、通院・入院補償』を選んだ人のコメント

補償内容としては、通院入院補償があれば十分と思い不足であれば後から補償の見直しをすればいいと思ったのでこの補償内容にしました。(50代、女性)
⇒最低限の補償内容が付いていれば問題ないと感じた方は、このプランを選んでいるようです。
また自転車保険は1年ごとの更新ですので「まずは入って様子をみよう」と考えている方にはちょうどよい保険プランかもしれませんね。

そもそもそれほど自転車を運転しないので保険自体が不要だと考えている。そのため、補償内容はこれで十分だと思った。(30代、男性)
⇒自転車にそこまで乗らない人であれば、このプランは掛け金もそこまで高くないですし、取り合えず入っておこうと検討している方にはベストな保険プランかもしれません。もし頻繫に乗るようなことになれば、更新時に見直せばGOODですしね!
なるべく掛け捨ての保険は料金を抑えたい!でもある程度の補償を付けて万が一に備えたい!そんな声が多く寄せられた結果となりました。
この補償タイプの保険プランは、ジャパン少額短期保険の『ちゃりぽ スタンダード もっとあんしんプラン』のみです。
こちらの保険についての詳細は商品ページをご覧ください。

『損害賠償補償0円~1,000万円、通院・入院・手術補償』を選んだ人のコメント

これくらい補償がカバー出来てれば十分だと思ったので。あまりに高い補償だと保険料も上がって大変だから(40代、男性)
⇒保険料をなるべく下げて、自分が必要な補償が受けられればそれでOK!といった考えのようです。自身にマッチしている内容であれば、それで十分かもしれませんね。

補償は、できるだけあったほうが良いと思うので、一番多いのを選んだ。が、掛け金のことを考えると、あまり高い金額は望めない。(50代、男性)
⇒補償は充実していて欲しいけど、高い金額までは払えない。そうなると消去法としてこの条件が1番マッチしていたのでしょうか。
毎月払う金額が高ければ高いと家計が圧迫しますし、それを考えるとこの条件が1番適していたということになりそうですね。

アンケート内容

ここからは上記で発表したランキングの元となったアンケートについて解説していきます。
「自転車保険の方程式」では、本人型の自転車保険に加入しているもしくは加入を検討している20歳以上の男女933名を対象としたアンケート調査を行い、その際下記の質問を行いました。
①損害の補償金額はいくらあったらよいですか?

  • 0円~1,000万円以下
  • 1億円
  • 1億円超または無制限

②治療費の補償はどれぐらいあればよいなと考えていますか?

  • 治療費補償なし
  • 入院補償のみ
  • 通院補償及び入院補償
  • 入院補償及び手術補償
  • 通院補償、入院補償及び手術補償

その結果、自転車保険に入るならこれぐらいの補償が欲しい!という結果が見えてきました。

※表は横にスクロールできます。

順位 損害賠償補償限度額 補償対象 保険プラン数 得票数
1 1億円超または無制限 通院補償、入院補償及び手術補償 5 220
2 0 円~1,000万円 通院補償及び入院補償 1 154
3 0 円~1,000万円 通院補償、入院補償及び手術補償 0 140
4 1億円 通院補償、入院補償及び手術補償 3 131
5 0 円~1,000万円 治療費補償なし 0 55
6 1億円 通院補償及び入院補償 1 49
7 0 円~1,000万円 入院補償のみ 1 48
8 1億円超または無制限 通院補償及び入院補償 0 47
9 0 円~1,000万円 入院補償及び手術補償 1 24
10 1億円超または無制限 治療費補償なし 0 16
11 1億円 通院補償及び入院補償 6 15
12 1億円超または無制限 入院補償及び手術補償 8 12
13 1億円 入院補償のみ 2 10
14 1億円超または無制限 入院補償のみ 3 7
15 1億円 治療費補償なし 5 5


※アンケートの詳細は記事の一番下をご覧ください。

結果発表

上位3位までで全体の約60%を占める投票数がありました。1~3位までの内容を見て、共通する点は『通院・入院補償』が含まれていることがわかりました。
交通事故の大きさは実際に起こってみないとわからないですが、死亡事故にまで繋がる大きな事故を懸念するよりも、身近に起こりやすい小さな事故に対する危機意識の方が強いように感じます。
万が一、自転車による大きな事故に遭遇した場合、損害賠償をどれだけ支払うかの対策は人それぞれ違いますが、多くの消費者は身近に起きるリスクを考えて『通院・入院補償』を重視する傾向があるといえそうです。

本人型の補償タイプ全体を分析してわかった3つのこと

消費者の求めている保険プランの多くは存在しない?!


損害賠償額×補償対象の組み合わせに一致したプランがあった人は約70%でした。
裏を返せば、約30%は欲しい組み合わせに保険プランがないということがわかります。
特に、カテゴリランキング第3位の「損害賠償補償0円〜1,000万円、通院・入院・手術補償」のカテゴリーと、第5位の「損害賠償補償0円~1,000万円、治療費補償なし」のカテゴリは合わせて全体の得票率の約20%を占めますが、残念ながらこのカテゴリとマッチした保険プランは1つもありませんでした。

―消費者が選んでいない補償タイプを見てみると…

人気上位4位までの保険プランを見ると、必ず「通院・入院補償」が入っています。
しかし、消費者の約1%しか求めていなかったカテゴリの『1億円、入院・手術補償』と『1億円超または無制限、入院・手術補償』にはなんと?!14プランもの保険商品が用意されているのです。
今回実施したアンケート結果を見てみると、消費者のニーズと保険会社が打ち出している保険プランは正直ミスマッチなのでは?と思ってしまいますね。

―損害賠償事例にある約9,500万円を超える補償を求めた人は54%

自転車事故による損害賠償事例で過去最高額が約9,500万円の衝突事故でした。
この損害賠償を基準として、「1億円」もしくは「1億円超または無制限」の損害賠償の補償が付く保険を求めた消費者は全体の約54%。
残りの約46%の消費者は、大きな事故が起きる確率は少ないだろうと思っている人や、そこまでの事故は起こすことは極めて稀だと思うから、保険料と見合わないのではないかと思っているようです。
確かに、保険料が家計を圧迫して継続できなくなってしまっては困りますし、各消費者が合理的に判断しているのはわかります。
しかし、これまでの自転車事故による判決事例を見てみると、補償限度額以上の支払いが必要となるケースがあります。
先の未来は誰も予想はできませが、自転車保険を選ぶ際はリスクをきちんと認識した上で検討することが望ましいでしょう。

まとめ

今回調査したアンケート結果を見ると、身近な通院補償は必須として考えている消費者が多くいることがわかりました。
また、賠償責任補償金額については過去の事例にある約9,500万円を超える1億円以上または無制限の補償が約5割の消費者に選ばれれていることも調査の結果わかりました。
それほど、過去に起きた自転車事故に対する賠償責任補償金額は誰もがビックリする金額だったということがわかりますね。
一方、損害賠償の金額によって保険料が左右されると考えると、1,000万円を超えるような事故はそうそう起きないと考え、損害賠償を1,000万円以下に抑える人が5割いたこともわかりました。
きっとこの5割の方は「自分は起こさない」「そんな大きな事故なんてそうそうないよ」と思った上の回答だったことでしょう。
自転車に乗っている人ならば、誰でもちょっとした不注意から事故を起こす可能性があります。
「大丈夫だろう」と軽い気持ちで考えず、もしもの時に自分はどのタイプの補償が必要なのか、今回のランキング結果を参考に検討してみてくださいね。
【今回のランキング結果の詳細はこちらでご確認できます!】
自転車保険に関するアンケート調査概要

注意事項
保険プラン比較表利用時の注意事項については、保険プラン比較表利用時の注意事項をご覧下さい。

あなたにおすすめの記事

本人型|自転車保険おすすめランキングTOP3!賠償1億超/通院&入院&手術補償 本人型・自転車保険ランキング!【賠償1億 通院 入院 手術】編のおすすめは 自転車保険会社一覧 いくら?特徴・注意点もまるわかり! 自転車保険の得するコラム 【保険知識を制する者はお金を制する!】 【2020年版】自転車保険比較の方程式のおすすめ5選!注意点は?家族で義務化に対応